ブログ作成ボタンを押しちゃった

オッサンの実力を教えてやるぜ!

20年前に下北沢の商店街で見かけた内田裕也さん、凄いインパクトとオーラだった

どうも、ガンダムのオッサンです。

ロックな人生だった内田裕也さんが亡くなりました。

テレビのワイドショーは内田裕也さんの話題がかなり多くなっておりましてオッサンな私だと色々と考えるところがあるものの10代20代の若者には内田裕也さんはいまいちピンと来ない存在ではないかと思っています。

そんな内田裕也さんを20年前の下北沢で目撃したことがありましてですね、その時の内田裕也さんはプライベートで一人で下北沢の商店街を歩いていたっぽいけどオーラとインパクトが凄すぎたのは今でも覚えています。

下北沢の商店街の人ごみをモーゼのように割った内田裕也さん

2019年現在の下北沢がどのような混雑っぷりか今の私には分かりません、だって下北沢を全然訪れていないのですから。

では20年前の下北沢...1990年代後半の下北沢といえば駅周辺の商店街は行きかう人がかなり多くて活気のある街でした。

そんな1990年代後半の下北沢の午前中だったでしょうか、用事を済ませて駅に向かう私の前の人ごみがサーっと割れたのです。

f:id:gundamoon:20190319233059j:plain

「なんだ?何がおきたのだ?」

と思って前を見ると正面から内田裕也さん、当時の内田裕也さんはすでにステッキを持ち歩いておりまして内田裕也さんの持つステッキが魔力の込められた強武器のように見えたのは今でも強烈に覚えています。

そんな内田裕也さんが目の前に現れたら... 

多分ほとんどの一般人はそうだと思うけど問答無用で道を開けなければならないような状態になる、あのオーラは強い...といった状態になったと思うのです。

その時の内田裕也さんは多分プライベートで下北沢の駅方面から商店街を普通に歩いている状態だったはずだけれど10メートルぐらい離れた状態でも気軽に近寄れない強烈なオーラを発していました。

私が内田裕也さんを目撃したのは下北沢の一回限り、それでも20年経った今でも覚えているのは内田裕也さんのオーラが凄かったとしか言いようがありません。

通常、街中で芸能人が顔バレすると「あの人って〇〇じゃない?」「ねえ、〇〇いるよ!」のような状態になるのが普通だと思いますが、当時の下北沢における内田裕也さんをそのような芸能人目線で見た人は多分いない、

内田裕也さんだと分かっても声に出すことなく道をあける、誰に命令されるわけでもなく道をあけなければならないような雰囲気。

とてもじゃないけど「気軽にサイン下さい」なんて言えやしないと思います。

私が実際に見たオーラが凄すぎた芸能人

人生において芸能人を目撃することって何回かありますよね、とくに大きな繁華街でウロウロしていると芸能人を発見することって結構あると思います。

そんな私の人生でこれは凄かった...!と思えるオーラの芸能人、内田裕也さんもそうですが女優の加賀まりこさんもオーラが凄かったのを今でも覚えています。

当時の加賀まりこさんは50代中盤ぐらいだったはず、その時の私は20代前半のクソギャル男。

当時渋谷で見かけた加賀まりこさんからは強烈な美人オーラが放出されておりまして目が釘付けになりその場で固まってしまいました。

渋谷であまりにも美人すぎた加賀まりこさんを目撃した人は多分みんなその場で固まったはず。20代前半の私は現在のようなキモイオッサンではなくナンパをしまくるクソのようなギャル男、自分の容姿にも少々自信がありました。

それでも50代中盤ぐらいだった加賀まりこさんに声をかけるなんてことすら考えれられずに固まる...加賀まりこさんのオーラもまた本当に凄かったのです。

スポンサードリンク

 

他にはプロレスラーの藤波辰巳さんもスターのオーラが強烈だったのを覚えています。

藤波辰巳さんを目撃したのは確か新宿のホテルのフレンチコースの店、そこで藤波辰巳さんがお連れの方と飯を食べていましてですね、大きな体格でいかにも強そうにも関わらず強烈に優しい人オーラとスターのオーラが放出されていました。

しかも私と藤波さんの目があった時に藤波辰巳さんは何を勘違いしたのか初見の私を知り合いというか関係者の誰かと間違えて「お!どうも、元気!?奇遇だね~!」的な会話もしました。

www.dradition.jp

その時の私も「また今度宜しくお願いしますwww」的に適当に話を会わせて一緒にフレンチを食べに行った連れの女性に藤波辰巳と仲が良いの嘘アピールをしたけれど彼女は藤波辰巳さんを知らなかったという...プロレスラーですからね、これは仕方が無い。

しかし知らないにしてもスターのオーラは感じており「あの人誰?なんか凄い」でした。

やはりオーラが凄い芸能人はどうやっても隠せないとご自身でも分かっているのでしょう、内田裕也さんも加賀まりこさんも藤波辰巳さんも顔を隠すわけでもなく堂々としていました。

最近はオーラを感じる芸能人を目撃していない

オッサンとなった私の行先が繁華街ではなくなったというのもあります。

よく行く場所はもう本当に狭まっておりまして街だけで言えば西川口が多い、でも西川口には芸能人はいないと思います。

では芸能人はどこにいるのか?やはりテレビ局周辺にある街でひっそりと飲んでいるのか。

今の時代は皆がスマホを持ち歩き、街中で芸能人を発見したら本人に断りもなく平気で撮影してSNSにあげてしまうような世の中だと思います。

そうなるといくらオーラが凄くて自分でも近寄りがたい芸能人と分かっている芸能人本人だって迂闊に街を歩くのではなく車で目的の場所へ...となってしまったりして。

最後まで読んで頂き、本当にありがとうございました。