ブログ作成ボタンを押しちゃった

オッサンの実力を教えてやるぜ!

男として、東急ハーヴェストクラブの会員権を手に入れたい

どうも、ガンダムのオッサンです。

「会員権が欲しい」なんて発言をするといかにもオッサン臭い発言のように思われるかもしれませんね、でも私にはいずれ手に入れたい会員権がある...

それが東急ハーヴェストクラブの会員権、ハーベストではなくハー”ヴェ”ストです。

東急ハーヴェストクラブ会員権の特徴はホームグランドとなるホテルの会員権を購入、そしてホームグランドのホテル利用券と他の東急ハーヴェストクラブの利用券が貰えるシステムになっており

ゴールデンウィーク、夏休み、お正月といったトップシーズンや土・日・祝日も一人3,888円(4,536円)で宿泊できるシステム。

利用券を貰える枚数はホームグラウンド券18枚、相互施設利用券12枚となっており最大の魅力は相互施設利用券で全国のラグジュアリーな東急ハーヴェストクラブのホテルに泊まれるところ。

ではなぜ私が会員権を持ってもいないのにシステムを知っているのか、東急ハーヴェストクラブの良さを知っているのか...ある時期に取引先の社長からホームグラウンド券と相互施設利用券を頂きまくっていたからなのです。

施設が古い東急ハーヴェストクラブなら100万円台で買える

f:id:gundamoon:20190411002353j:plain

会員制のリゾートホテルである東急ハーヴェストクラブはホームとなる施設によって価格がかなり変わるというもの、例えば天城高原の仲介物件なら135万円、旧軽井沢なら仲介で1055万円とかなりの差

例えば東急ハーヴェストクラブの旧軽井沢に宿泊した経験からすると最高としかいいようがありませんでした。

そんな旧軽井沢の仲介物件は1055万円となり今の私には購入できません。

でも天城高原の仲介物件は135万円、天城高原をホームとして相互施設利用券で...といった考え方も出来るというもの。

思うに私が取引先の社長にホームグランド券と相互施設利用券を貰いまくっていたように購入した本人や家族が使いまくるとは別の要素も結構あるように思います。

ホームグランドは自分が気に入った場所・施設にしておけ

私が利用券を貰いまくっていた社長さんに「いつか私も自分で東急ハーヴェストクラブの会員権を手に入れたい」と人懐っこく目をキラキラさせて気に入られて利用券を貰う作戦を行っていた時のこと、

社長曰く「買うなら自分が気にいった場所・施設にしておきなさい」

これは東急ハーヴェストクラブの利用は何だかんだ言ってもホームグランド施設が多く自宅から最もアクセスしやすい、苦にならない距離といった場所の問題が大きいとの事。

加えて東急ハーヴェストクラブはリゾートマンションを買うようなもの、だからホームグランドは気に入ってる施設でないとホームグランド券を使わないで人にあげてしまうようになる、結果的に相互施設利用券ばかりを使うようになってしまう...

その結果何か起きるか?となるとホームグランドの買い替えだったり追加で更に買ってしまうとといった出来事。

当時、利用券を貰いまくっていた取引先の社長は個人と会社で2件のホームグランドを持っていました。

スポンサードリンク

 

余るホームグランド利用券

それで社員への福利厚生施設的な感じで利用券を配る、

最初の数年間は社員も喜んでホームグランド券を使っていたけど社員たちは徐々に相互施設利用券のみを欲しがるようになり最終的には社長しかホームグランド券を使わない、というよりもホームグランド券が余ってしまうといった状態。

結局その社長は会社所有の会員権は売却し、個人でもっていたホームグランドは自分の好きな場所・施設へ買い替えを行ったという経緯があります。

東急ハーヴェストクラブの会員権が欲しい

f:id:gundamoon:20190411002321j:plain

社長はそれでも買い替えを行ったホームグランドの施設は気に入っているけど場所がなぁ...と、やはり旧軽井沢を欲しがっていましたね。だってあそこ凄くイイもん。

そんな取引先の社長さんの話を親身に、かつ憧れであり俺もあなたのような人生を歩みたい!勉強させてください!の姿勢で懐に入り込み東急ハーヴェストクラブの利用券をゲットしていた情けないオッサンが私です。

3年ぐらい連続で節目の時期にゲットしにいっていましたが流石に恥ずかしくなり、また取引も細くなってしまったことから利用券を貰いにくい状況へ、

「社長、俺40までに東急ハーヴェストクラブ買いますよ、今度は自分の力で行きます!」

と乞食が吠えるようなカッコつけを行ったものの40歳のリミットは軽く超えてしまい今だ購入出来る状態にはなっておりません。

でもいずれ手に入れたい、50代はベンツのステーションワゴンでスマートに東急ハーヴェストクラブへ乗りつけ、ロマンスグレーで色気のある雰囲気で夏に麻のジャケットに短パンを着たりして”余裕のあるオジサン”をやりたい。

早くロト6当たれ。

最後まで読んで頂き、本当にありがとうございました。