ブログ作成ボタンを押しちゃった

オッサンの実力を教えてやるぜ!

マイルドなキック感と雑味のない完璧な喫味「ZEUS ARC GT ハイエンドヴェポライザー」の上手な吸い方

どうも、ガンダムのオッサンです。

29800円といった高価なヴェポライザー「ZEUS ARC GT」、日本ではヴェポライザー最大級の品揃えのヴェポライザー専門ショッピングサイト【VAPONAVI】さんが正規代理店となり、英語マニュアルでも安心して購入できるようになりました。

またVAPONAVIさんではZEUS ARC GTのアフターパーツや消耗品も取り扱っていることからZEUS ARC GTの購入を検討されている方、または既に購入された方が当記事を読まれるのではないかと思います。

そんなハイエンドヴェポライザーZEUS ARC GTは上級者モデルだけあって通常のヴェポライザーとは見た目も使い方もハイエンド仕様、ZEUS ARC GTの詳細については下リンク記事で詳しく解説してあります。

www.weblogian.com

では実際にZEUS ARC GTで喫煙(シャグのみ)はどうなのか?喫味は?キック感は?といった疑問があるはず...とくに購入前の方は3万円近い価格のヴェポライザーなのでその辺のレビューはどうして知りたいはずだし知るべきだと思います。

ということでZEUS ARC GTの多様な吸い方、喫煙のテクニック、合うシャグ等を詳しく解説してきましょう!

※未成年者の喫煙は、健康に対する悪影響やたばこへの依存をより強めます。周りの人から勧められても決して吸ってはいけません。

ZEUS ARC GTは10分間で自動電源OFF、つまり10分も吸えるヴェポライザー 

通常ヴェポライザーとは3分前後の喫煙が可能な加熱式電子タバコ喫煙具、しかしZEUS ARC GTは10分も喫煙が可能なヴェポライザーになります。

この「10分」といった時間をどう考えるか?でZEUS ARC GTの使い方や喫煙方法が変わってくるといっても過言ではありません。

パソコン作業やゲームをしながらのような状況で10分かけてゆっくりと喫煙するもよし、10回ほど喫煙したら電源を落としてもよし、

呼吸をするように直接肺に入れるもよし、口に一旦溜めてから一気に吸いこむもよし...

つまりはユーザーが吸い方を自分で決めれるといった自由度の高いヴェポライザー、それがZEUS ARC GTを使用しまくった感想になります。

これは私の所有する他ヴェポライザーでは出来ない事、アイコス・グローでも出来ません。

しかしZEUS ARC GTはその自由度の高さからどうやって活用するのが最も良いのか?といった問題が出てくるというもの。

私なりに色々と試した結果も含めて参考にして頂ければと思います。

ZEUS ARC GTの基本的な使用方法

ZEUS ARC GTはハイエンドのヴェポライザー、シャグ喫煙のみで解説していきましょう。

先ずはマウスピースを外して加熱チャンバー室にシャグを詰めます。

ZEUS ARC GTにシャグを詰めた状態

ZEUS ARC GTにシャグを詰めた状態

ZEUS ARC GTの加熱チャンバー室は円形ではなく四角形、また加熱チャンバー室の容量も少し大き目に出来ています。つまり多くのシャグを詰めこむ事が可能。

  • 蓋を開けチャンバーにシャグを適量詰める。
  • 電源ボタン長押しで電源ON
  • 温度の変更は電源ボタンclick(low205℃-middle215℃-high225℃)ヒートアップ完了はインジケーターが青から緑に点灯しバイブレーションにてお知らせ
  • 10分間で自動電源OFF(セッション中はいつでも電源ボタン長押しで電源OFF可能)
  • 喫煙終了後は本体付属のピッキングツールを使いタバコ葉を取り出す

ここまでは通常のヴェポライザーと変わりない使い方ですね、しかしZEUS ARC GTは吸い込み口が少々特殊な形状。

本体上部のマウスピースの隙間から吸いこむ方式になります。

ZEUS ARC GTの吸い込み口

ZEUS ARC GTの吸い込み口

画像の赤丸部に唇を直接あてて喫煙を行います。

これはマウスピースの機能性やデザイン性によるところ、そしてポイントはゆっくり吸うほうが良いといったところ。

上手な吸い方のテクニックは吸いこんだ際に口の中で蒸気をあてる部分を作らないほうが美味い場合があります(シャグによる)

ヴェポライザーに慣れている方は吸いこんだ蒸気をあてる場所を舌先にするか、舌中央にするか、舌に裏側に貯めるか、それとも舌にあてないか....といった方法をマスターしているはずです。

というのもZEUS ARC GTはシャグの繊細でクリアな味が感じられるヴェポライザー、一旦口に溜めてから一気に吸いこむ場合ほど舌に蒸気を当てないほうが美味く感じられました。

フルーツ系のシャグ、例えばコルツライチなどはこの吸い方が良いのではないかと思いますし、ZEUS ARC GTはフルーツ系のシャグが合うヴェポライザーとの評判です。

ZEUS ARC GTのシャグ吸い殻画像

ZEUS ARC GTのシャグ吸い殻

こちらがコルツライチの吸い殻画像。

ヴェポライザーユーザーなら気になるシャグポンは詰めたシャグ量が多いとシャグポンする場合がある、少ないシャグ量だとかき出す必要があるといったところ。

全体的なシャグポン成功率は低めです。

www.youtube.com

ティッシュペーパーを常に用意しておこう

ヴェポライザーユーザーなら喫煙後にティッシュペーパーが欲しくなるのは分かる話、外での喫煙後にティッシュはチョット...なので拭ける時に拭いておくのが普通ではないかと思います。

それはZEUS ARC GTも同じですが、ZEUS ARC GTは使用後とくにティッシュペーパーで拭きたくなる構造です。

シャグ喫煙後のZEUS ARC GTマウスピース画像

シャグ喫煙後のZEUS ARC GTマウスピース

ティッシュでサッと拭きたくなる部分は葉が詰まった金のフィルターでしょうか、しかしZEUS ARC GT喫煙後のマウスピースで最も拭きたくなる部分はここじゃない、蒸気が通る金メッキパーツなのです。

喫煙後に蒸気の通り道である金メッキパーツをスルっと抜くと水滴とシャグのカス、これはティッシュで拭き取りたくなります。

普通のヴェポライザーも喫煙後のマウスピースには水滴やヤニ汁やカスが付着しますね、それをティッシュでささっと拭き取るのだけれどZEUS ARC GTの場合は金メッキパーツに汚れがまとめて乗っかるような感じ、

一服後の金メッキパーツをティッシュ拭き取りするだけでかなり汚れが気にならなくなるような構造....やはり高価でハイエンドなヴェポライザーだけあるといった感想です。

www.youtube.com

満足のゆく10分間の喫煙が可能かどうか?

さてZEUS ARC GTで喫煙するにあたってここが一番のポイント、ようは一回詰めたシャグで10分間全てにキック感を感じられるか?となると、それは「吸い方による」が答えになります。

例えばZEUS ARC GTにシャグをパンパンに詰めての喫煙、一旦口に溜めてから一気に吸うといった喫煙方法(ヴェポライザーも加熱式電子タバコはこの吸い方が基本)の場合、キック感が得られる吸い回数は10~13回ぐらいになります。

この10~13回のキック感を3分程度で味わってしまうのか、それとも10分かけてゆっくり味わうのか?で吸い方の好みが分かれるはずでしょう。

では3分程度で10~13回のキック感を味わった後、残りの7分間はどうなのか?と聞かれれば一旦口に溜めてから吸いではキック感は極小。

しかしフルーツ系のシャグの場合は残り7分間でシャグの香りや味を楽しむといった吸い方も可能。

しかしキック感が無くなった状態からキック感を得られる吸い方があります。それが呼吸するように直接肺に吸いこむ方法。

直接肺に吸いこむ場合は蒸気を舌に当てずに喉へ当てる

f:id:gundamoon:20190205014106j:plain

ヴェポライザーに関わらず加熱式電子タバコ喫煙は一旦口に溜めてから吸いが基本、とくにアイコス・グローは一旦口に溜めてから吸いでないとキック感を上手に得られません。

しかしZEUS ARC GTは蒸気がマウスピース内の金メッキを通すからでしょうか、なんと呼吸のように直接肺に蒸気を吸いこんでもキック感が得られるヴェポライザーでした。

これはそこそこきついキック感の紙巻タバコでないと難しい吸い方、それがZEUS ARC GTならば可能なのです。

つまりZEUS ARC GTは一旦口に溜めてから吸いと直接肺吸いの両方が可能なヴェポライザー!

始めの10~13回の吸いはマイルドなキック感と雑味のない完璧な喫味を味わう、キック感がなくなってきたと感じたら直接肺吸いで軟らかく弱いキック感とフルーツの味を喉で味わうといった吸い方が可能。

こんな吸い方は他のヴェポライザーではそうそう出来るものではないでしょう。

私はフルーツ系シャグの場合は一旦口に溜めてから吸いを行い、キック感が弱まったら直接肺吸いに切り替え、味が無くなった時点で電源OFFにしています。

滝登りり後の吸い込みもキック感あり

ZEUS ARC GTのシャグ喫煙方法においてもう一つ特筆すべきがヴェポライザーなのに滝登り後の吸い込みでキック感がある!になります。

滝登りとは紙巻タバコにおけるテクニックのひとつ、一旦口に溜めた煙を吸い込まずに口を半開きにして出てきた煙を鼻で吸いこむといった技です。

この滝登りによりタバコの味や香りを鼻で軽く楽しみつつ一気に口で吸いこんで弱めだけれどキック感も味わってしまおう...といった喫煙テクニック、

喉・鼻・口を上手にコントロールする必要があるために紙巻タバコでも練習しないとキック感を得られないテクニックです。

そしてZEUS ARC GTは例えばフルーツ系のシャグを滝登りで香りを味わう、一気に吸いこんでキック感と味を味わうといった喫煙方法が可能といった驚きのヴェポライザーでした。

この滝登りはアイコス・グローでは不可能というよりもキック感がゼロになるし香りも不味いので無意味な行為。

また私の所有する他のヴェポライザーでもキック感はあるけどフルーツ系の香りまでは難し行為です。

フェニックスなら香りはないけど滝登り後の一気吸いでキック感は可能。

www.weblogian.com

www.weblogian.com

ZEUS ARC GTはハイエンドだから滝登りまで可能なの?については分かりません、しかしこれには正直驚かされました。

通常の口に一旦溜めてから吸いで10~13回のキック感を味わった後、滝登りでフルーツ系シャグの香りを楽しみまくるといった吸い方も面白いです。(その場合はキック感なし)

吸い方の自由度が高すぎるハイエンドヴェポライザー、それが「ZEUS ARC GT」

ZEUS ARC GTにはフルーツ系シャグが合うという事でコルツライチを強烈に試しましたが他のシャグでもマイルドなキック感と雑味の無い完璧な喫味を楽しめるのもZEUS ARC GT、

f:id:gundamoon:20190205011756j:plain

とくに私の大好きな強キック感のシャグ「アンバーリーフ」の黄色はマイルドなのに突き刺さるようなキック感...凄いです。

ヴェポライザーとは加熱式電子タバコなのにどんなタバコ葉も吸えてしまうといった自由度の高い電子喫煙具、これだけでもアイコス・グローよりも喫煙の幅が広がります。

そんな自由度の高いヴェポライザーの中でも更に吸い方までをもユーザー好みにできるヴェポライザーはそれほど多くは存在しないでしょう。やはりハイエンドヴェポライザーだからこそ可能なのでは?と思っています。

ZEUS ARC GT(ゼウスアークジーティー)公式サイトでの購入はこちら

(6か月代理店保証付き)ZEUS ARC GT ハイエンドヴェポライザー スターターキット