ブログ作成ボタンを押しちゃった

電子タバコ・ガジェット・びっくりドンキー・ガンプラ

豊島区の高級住宅にあるお洒落な目白庭園でガンプラ野外撮影をやりまくる

豊島区の目白庭園でガンプラ野外撮影をしてきました。

JR目白駅とJR池袋駅の間にはポツポツと高級住宅街の塊があります。

中には超豪邸としかいえない邸宅が固まるエリアがあったりするので豪邸好きには散策するだけでも楽しめるエリア、これから一山当てて豪邸を建ててやろう...なんて考えている人にも参考になるかもしれません。

そんな高級住宅街にひっそりと存在する目白庭園があるのは以前から知っていました。

今回、目白庭園を訪れるにあたって事前に下調べを行うとやっぱりここも西武造園株式会社が手がけた物件、どうやら私は西武造園㈱の関わった庭園が好き... ってな相当ニッチでマニアックな世界に足を踏み入れてしまったように思えます。

因みに私が訪れる西武造園の手がけた物件は目白台運動公園、肥後細川庭園となり今回で3つ目となります。

www.weblogian.com

 

こんな事を考えて行動するブロガーは私だけのような気がしてなりません...

住所 : 東京都豊島区目白3-20-18

目白庭園への入園料は無料、自転車、バイクの駐輪場はありますが駐車場はありません。

駐輪場には壊れた監視カメラみたいなものがぶら下がっておりますな....

目白庭園ガンプラ潜入開始(νガンダム)

豪邸がある高級住宅街なので人通りは無いだろうと思っていたのが甘かったです。どんな理由か知らんけどチョイチョイ人が歩いてるじゃねぇか...

これはかなりの高難易度ミッションになる予感を楽しみつつメインゲートで準備を整えるしかありませんな。

f:id:gundamoon:20200413220215j:plain

作戦画像に人は写っていませんが相当ヤヴァい状況で完全に不審者の目で見られています。

高級住宅街において、しゃがみながらカメラを構えてガンプラを撮影するオッサンってのはやば過ぎるです。

さっさとメインゲート前の作戦を終わらせて潜入せねばなりません!

f:id:gundamoon:20200413220227j:plain

頑張れ、νガンダムと俺!

因みにガンプラ無しで写真を撮るとこんな感じ...

f:id:gundamoon:20200413220238j:plain

ココが庭園である、そして無料ってのが分かっていないと気軽に入れる雰囲気ではありませぬ。

この辺の事情もガンプラ冒険を始めてから分かってきたこと、今回登場するガンプラは1/100MGνガンダム

池を囲むように作られた素晴らしい庭園

中央の池を囲んで一周できるような作りになっている目白庭園、一周回るのに5分もかかりません。それほど小さな庭園...

だのに人がウロウロしてるよ! なぜだ!?

仕方がないのでまずは芝生の広場っぽい場所から作戦開始

f:id:gundamoon:20200413220252j:plain

もう人に見られずにガンプラ出して作戦を行うのが不可能な庭園となっております。

これは難易度が高い、高すぎる...

おじさんが異様な目で私を見る、何か可哀想なものを見るような目だ、ふざけんじゃねえ。

イイ感じの滝

インスタグラムで滝画像ってなジャンルがあるのをご存知でしょうか?

流れる滝をシャッタースピードを遅くしたりして幻想的な滝を撮る素晴らしい写真、私としてもあれをガンプラでやりたかったけどスペース的に不可能すぎるし人に見られすぎる。

f:id:gundamoon:20200413220304j:plain

なんだか素人丸出しの滝画像でνガンダムも写ってないとなれば価値が全然感じられません。

三脚まで持ち込んでプロな俺を演出するつもりだったのにコレじゃ馬鹿みたいじゃんかよ...

鴨が生息

かわいらしい鴨さんが池でただずんでいる...

そうともなればνガンダムと鴨をやりたくなるってもんですがガンプラ出しで鴨撮影が不可能な状況です。

f:id:gundamoon:20200413220319j:plain

人のこと言えないけどさ、みんなこの庭園で何をやっているんだよ...

見られても構わない、νガンダムで突貫

もう紙袋にνガンダム隠したって無駄なほど見られバレバレな状況に追い込まれました。

明らかに目白庭園に不釣合いなオッサンになって注目を浴びてしまったワタクシは逃げながらνガンダムで突貫するしかないのでございます。

f:id:gundamoon:20200413220334j:plain

f:id:gundamoon:20200413220349j:plain

f:id:gundamoon:20200413220359j:plain

最後は逃げるように目白庭園を後にする私...

でも受付の女が美人だったことだけは確認しました。

これまでのガンプラ冒険により西武造園㈱の手がけた庭園や物件は素晴らしいものであることが分かりましたので今後は西武造園系の作戦スポットを攻めて行きたいと思う四十路の午後。

何でも実際に自分で行動してチャレンジすれば新たな世界が見えてくるってもんですぜ!