ブログ作成ボタンを押しちゃった

オッサンの実力を教えてやるぜ!

深夜の歌舞伎座ってどんな感じ?実際に行ってみました、ただしガンプラを持って

銀座の歌舞伎座を攻略してきました。

歌舞伎座は運転中に遠くから眺める存在であって実際の公演を見たことが無い私、それでも建物の威圧感はかなりのものがあります。

そんな歌舞伎座はなんと明治22年からやっており建替えも4度目...

時代に合わせた変化を続けられるとは凄い事です。

大きなビルの路面に面する部分が歌舞伎座であり、一見するとこの建物全体がビルの一部であることを感じさせない建築になっているのも見所の一つでしょう。

間口の広い「和」テイストは写真を撮らずにはいられないほどの迫力があります。

住所 : 東京都中央区銀座四丁目12−15

深夜の歌舞伎座周辺は思った以上に道路の交通量が多く(殆どタクシー)、どういうワケか人も少々ウロウロと歩いています。

そんな深夜の銀座の歌舞伎座周辺でガンプラを持って密かに楽しみました。

鉄血の歌舞伎座作戦開始

深夜にも関わらず人通りがある...

否、高そうな高級車を歌舞伎座の前につけて降りたスーツの雇われ運転手っぽい人が明らかに誰かを待っている状態なので歌舞伎座の横道から作戦開始!

f:id:gundamoon:20191005015350j:plain

歌舞伎座は横道からの外観もしっかり作られている事を確認、「和」な雰囲気とバルバトスがやる気にさせますな!

これは訪れて良かったです。

まだスーツ運転手さんが歌舞伎座の前を陣取っているので何故このような場所に?と思われる鳥居を調査。

ここはキマリスヴィダールに出撃してもらいましょう。

f:id:gundamoon:20191005015405j:plain

 

f:id:gundamoon:20191005015415j:plain

作戦の成就を願って御参りです。

ただ、この画像を撮るために何度もキマリスを硬い地面に落としました...

まだ少ししか出撃していないというのに傷だらけ、

一生懸命に時間をかけて作ったガンプラを外に持ち出して遊んだあげくに即傷つけてしまうのもガンプラ冒険の魅力、その一瞬に全てを込めてカメラのシャッターをきるのであります!

深夜の歌舞伎座正面

さっきから居るスーツ運転手さんの待ち人が来ない...

こうなったら仕方ない、見られるのは覚悟の上、正面へと潜入させてもらいましょう。

f:id:gundamoon:20191005015426j:plain

都心でこのようなロケーションのガンプラ冒険は脳汁が止まりません!

もの凄く恥ずかしいですがそんな事を考える猶予はありません、こうなったらバルバトスも出してしまおう。f:id:gundamoon:20191005015436j:plain

相当にマニアックな趣味という事は重々自覚しております。

だがしかしそれたタマラン...!

やはり歌舞伎座に刀系のガンプラを持ち込んで本当に良かった、一応ザクも持ち込んではいるけどコリャ出番ないっすね。

スポンサードリンク

 

タクシーや通行人に変態的な目で見られる

もうココまで晒してしまったら後はどうにでもなれ!

歌舞伎座を背景にどうしてもガンプラ撮影がしたかったので反対車線側の歩道でやりたい放題してしまいました。

f:id:gundamoon:20191005015445j:plain

うひょー!バルバトスかっこいい!

私の必殺撮影技「土下座撮影作戦」がバルバトスの勇姿を捉えました。もうタクシーの運転手や通行人に見られたって関係ないもんね!

こうなったら鉄血のオルフェンズシリーズのガンプラ... 3機出しミッションもやらせて頂きましょう。

f:id:gundamoon:20191005015455j:plain

どうみても満足度の高い作戦画像をゲットしました。

深夜と言えど歌舞伎座、それも銀座でこのようなミッションの難易度は決して低くなく、タクシーに見られる事は当然、通行人にも見られるのでかなりの精神力を使います。

ただ今回のミッションは少々トラブルがありました。

私があまりにも興奮して歌舞伎座周辺でガンプラを出しまくっている作戦状態の一部始終を見ていた女性に話しかけられるというトラブル...

深夜の作戦は色々とトラブルが付き物、自分のマニアックさを棚に上げて言うのもなんですが、世の中には変な人がいるってもんです。

 

今回に冒険に登場したガンプラはコチラ!

最後まで読んで頂き、本当にありがとうございました。