ブログ作成ボタンを押しちゃった

オッサンの実力を教えてやるぜ!

【タバコの節約方法】これからの時代、加熱式電子タバコは数種類携帯するのが当たり前になる

どうも、ガンダムのオッサンです。

 

2018年10月に増税となるタバコ、それは加熱式電子タバコも例外ではなく増税後はタバコの税金について愚痴をこぼすようなツイートや記事がネット上に上がって来るでしょう、これは前回の増税の時もありました。

 

ただタバコ増税時における喫煙者の愚痴といいましょうか、内容的に正論であったり説得力の高いものがあったとしても私はあまり賛同できないものがあります。

基本的に我々喫煙者は日陰の存在として生きてゆくしかないと考えており、喫煙による自身の体への影響や受動喫煙といった健康面を考えても強い主張をすべきではない、日陰の存在として細く長く吸い続けていかさせて頂く...といったスタンスです。

「言いたいことはよくわかるが、グッと堪えてニコチンで癒されようぜ」

と、いったところでしょうか。

 

しかしながらタバコ増税は我々喫煙者にとって厳しい現実になるのも避けようのない事実、その対応策として私はヴェポライザーによる節約喫煙、アイスモークによる貧乏ったらしい節約喫煙の方法を記事にしてきました。

 

それで様々な加熱式電子タバコを使用した結果、これからは加熱式電子タバコを2~3種類を携帯するのが当たり前の時代になる...と予測しています。

火を付けて紙巻タバコを吸う喫煙者は根本的な節約が出来ない

通常の紙巻タバコに火をつけての喫煙をされている方は現状どうやってもタバコ代を節約する方法はありません。

f:id:gundamoon:20180925175244j:plain

例えばこちらのマルボロ赤、増税により500円を超えてきます。

紙巻タバコに火を付けての喫煙者が一日の本数を減らすしかない...これは一見すると節約するように見えるのですが根本的な節約とは言い難いものがあります。

仮に一日に5本前後減らしたとして月にして3000円程度、それを継続出来れば年間で3万円以上も節約が可能となります。

しかし....

そもそも一日一箱の紙巻タバコを喫煙者が本数を1/4も減らせるのか?といった問題があります。

ここは正直に言うべきでしょう、本数を減らすことによるタバコ代節約術は成功する可能性は圧倒的に少ないはず。

加熱式電子タバコの喫煙者ならばタバコ代の節約は可能

では加熱式電子タバコ、メジャーな存在はアイコス・グロー・プルームテックになりましてアイコスのヒートスティックならばアイコスの互換機を使うことによりタバコ代の節約は可能になります。

一度使用したアイコスのヒートスティックを再び使用する、何だったら3回も使用してしまうといった貧乏ったらしいタバコ代の節約方法になります。

これはシケモクを吸うような方法なので人前では恥ずかしい... それでもアイコスのヒートスティック代が半分になると考えれば私はやる、本数を減らすといった節約とは根本的に違うタバコ代の節約術です。

 

もう一つのタバコ代節約方法はヴェポライザーによる喫煙、少なく見積もってもタバコ代が1/4確定になる喫煙方法になります。

「シーベイパー」「フェニックス」というヴェポライザーを使ったタバコ代の節約方法、知らない方や始めての方には怪しい物のように見えるかもしれませんね。

これは第四の加熱式電子タバコと現在注目の喫煙具、年間でいえば10万円以上もタバコ代の節約が可能...これ以上のタバコ代節約方法は現在のところ見当たりません。

 

私としてはシーベイパー・フェニックスのどちらでもよいですがヴェポライザーによる喫煙は圧倒的なタバコ代の節約になるのでお勧めといか言いようがありません。

 

 

加熱式電子タバコ未経験者は「そんなもんで満足出来るの?」といった意見もあるでしょう、これは試して欲しいのですが紙巻タバコに火を付けて吸った時にで感じるキック感(スロートキック)はきちんと味わえるようになっているので大丈夫。

ただしglo(グロー)に関しては吸い方のコツを掴む必要があります。

www.weblogian.com

喫煙者に対する世間の目を考えても加熱式電子タバコへの切り替えは我々喫煙者にとってある意味必須だと考えています。

 

タバコ代の節約で加熱式電子タバコを考えるならglo(グロー)での節約は現状不可能です。これは使用済みgloのネオスティックがどうやっても再使用できないから。

もうひとつ、私はプルームテックがイマイチだと思っているので現状のプルームテックは全くお勧めできません。

数種類の加熱式電子タバコを携帯するといった考え方

f:id:gundamoon:20180925183328j:plain

上記画像は左から「アイスモーク」「グロー」「シーベイパー」「アイコス」「フェニックス」となり、全て加熱式電子タバコになります。

この中で現在の私が常に持ち歩いている機器はアイスモーク、グロー、シーベイパーの3種類、家での喫煙はシーベイパーかフェニックスになります。

では

何故それほど多くの加熱式電子タバコを持つのか?

一種類ではだめなのか?

このように考えても不思議でないでしょう、確かに私は加熱式電子タバコを多く持ちすぎだと自分でも思っています。

 

私としてはタバコ代の節約面を考えてヴェポライザー一つに絞りたいところ、しかし外での喫煙時において扱いが面倒ではないアイスモークかグローがどうしても必要なのです。

というのも圧倒的なタバコ代節約が可能なシーベイパーとフェニックスは紙巻タバコを1/4にカットしての使用かシャグ(手巻き専用たばこ)による喫煙になるので少々面倒な加熱式電子タバコなのです。

また人前でタバコ葉を弄って機器に詰める作業は「怪しいことをしている」といった目で見られるのが現状、専用のスペーサーを使うことにより自宅でタバコ葉詰め作業を行い外でスマートに喫煙するといっても使用済のスペーサーは激熱...色々とスマートには行きません。

 

それでもシーベイパー、フェニックスを使っての喫煙はタバコ代が大幅に節約できるもの、今更ヴェポライザーの使用をやめるといった選択肢はどう考えても無いのです。

 

こうなると外でスマートに使用できる加熱式電子タバコがどうしても必要になり、それがアイスモークかグロー...これが今の私の現状。

もちろん外でもヴェポライザーはなるべく使いますよ、シャグによる喫煙は味やキック感の面でとても優れておりうまいのでうす。

でもそれは一人の状態で時間がある時。

誰かを待たせているような状態で優雅にヴェポライザーへの葉詰め行為は昨今の喫煙者に対する世間の目からしてもちょっと難しいかな...と。

 

今後、タバコ代の節約面を含む更に画期的な加熱式電子タバコが出現すれば話は変わりますが現状では加熱式電子タバコ機器の複数携帯が喫煙者にとってベストな喫煙方法であると考えています。

 

最後まで読んで頂き、本当にありがとうございました。