ブログ作成ボタンを押しちゃった

オッサンの実力を教えてやるぜ!

【PUBGモバイル】保冷材でスマホを冷やしながら発熱とラグ対策

f:id:gundamoon:20180717090556j:plain

どうも、ガンダムのオッサンです。

 

いい歳こいてPUBGモバイルにはまりまくっている私、やらなければならない事があるというのについついPUBGモバイルを起動してしまうこと一日5回ぐらいな日々...

下手糞な私としてはプレイ環境を色々と見直しながらドン勝を目指しているのだけれどPUBGモバイルの最大の敵とは結局のところラグになってしまいます。

「敵が目の前にいる時に限ってラグる」

「乗り物に乗るとラグる」

「アイテムを拾っている時にラグる」

「8倍スコープで狙っている時にラグる」

肝心な時に限ってラグってしまい、それで結局やられてしまう、ラグっているので自分がやられたのかどうかすら分からないまま終わる... これか頻繁に続いていました。

PUBGモバイルのラグ解消にむけてスマホの設定で出来る事はすべてやる

PUBGモバイルで勝つためにはラグをどうにかしなければならないわけであり、それはバックグラウンドで動いているアプリを終了しまくってからのPUBGモバイルや使っていないアプリをアンインストールしてストレージを増やしたり...ってのはもはや基本でしょう。

それとは別にWIFIルーターのすぐ近くでPUBGモバイルをやる、PUBGモバイルの画質やフレームを「低」にしてプレイする...ってのもラグが酷い皆さまは行っておられるはずです。

画質設定は「設定」「グラフィック」から変更可能

f:id:gundamoon:20180716122544p:plain

でもそれだけじゃない、

PUBGモバイルを起動して遊んでいるとスマホがかなり熱くなりませんか?

電池の減りが早すぎやしませんか?

もしかしてスマホの熱をどうにかすればラグが減って快適なプレイが出来るような気がしませんか? 

保冷材でスマホを冷やしながらPUBGモバイルでラグ軽減

私のPUBGモバイル環境はソフトバンク光のWIFI、通信速度は全く問題なしの状態でスマホはソニーのXperia(エクスペリア)XZs

ハード的な環境でいえばPUBGモバイルに十分対応できています。

 

それでもPUBGモバイルを遊んでいるとスマホがかなりの高温になるのです。それは画面をタップする指に熱を感じるほど熱い。

という事でスマホの裏側を保冷材で冷やしながらのPUBGモバイルを行ってみました。

f:id:gundamoon:20180716120125j:plain

保冷材はなるべくスマホと同じぐらいのものが良いです。

冷凍庫で凍らせた保冷材を使用するにあたってのポイントは「なるべく平らに凍らせた保冷材」になります。

デコボコに固まった保冷材だと溶けて軟らかくなるまで上手にスマホを冷やせません。

スポンサードリンク

 

手帳タイプのスマホカバーに保冷材を挟んでの「冷やしPUBGモバイル」

スマホを保冷材で冷やしながらPUBGモバイルを遊ぶとなるとですね、裸状態のスマホでは厳しい...という事で手帳タイプのスマホカバーを用意しましょう。

あとは手帳タイプのスマホカバーに保冷材を挟むだけ

f:id:gundamoon:20180716120708j:plain

 

このような感じになればPUBGモバイルの操作性にも影響を与えません。

別角度からみるとこんな感じ

 

f:id:gundamoon:20180716121110j:plain

これでPUBGモバイルで遊んでいる時のスマホの熱... かなり下がります。

ただしPUBGモバイルはスマホにかなりの発熱をさせるゲームアプリ、このサイズの保冷材一つが30分ぐらいで溶けてしまいます。

スマホを保冷材で冷やした結果、PUBGモバイルのラグが軽減

通信環境やスマホの性能といった個体差もあるのでしょうが私の場合は保冷材でスマホを冷やしながらPUBGモバイルを行いまくった結果、ラグはかなり軽減されました。

(現在冷やしスマホPUBGモバイル時のグラフィック設定はクオリティHD、フレーム設定「高」でわりと快適にプレイ出来ています。)

これはそれ程古くないスマホソニーのXperia(エクスペリア)XZsと光回線のWIFIすぐ近くといった環境でのPUBGモバイル... スマホを保冷材で冷やしながらのPUBGモバイルはそれほど的外れなラグ解消法ではないと思っています。

 

という事でPUBGモバイルのラグでお悩みの方、保冷材でスマホを冷やしながらのプレイを一度行ってみてはいかがでしょうか。

PUBGモバイル時の持っているだけて熱くなるスマホの異常な熱が無くなるだけでも全然違いますよ。 

 

最後まで読んで頂き、本当にありがとうございました。

めざせドン勝!