ブログ作成ボタンを押しちゃった

オッサンの実力を教えてやるぜ!

ガンプラ初心者の簡単フィニッシュ「HGガンダムキマリスヴィダール」

 鉄血のオルフェンズシリーズ「HGガンダムキマリスヴィダール」を簡単フィニッシュで作りました。

ガンプラの簡単フィニッシュとは素組した後にすみ入れを行いトップコートを吹いて完成とするガンプラ初心者向けの作り方、そんな簡単フィニッシュでも出来栄えが良いのが最近のガンプラでありバンダイさんスゲー!ってことです。

HGガンダムキマリスヴィダール制作開始

f:id:gundamoon:20191230175604j:plain

フレーム部のスミ入れは面倒なので後回しで作ってしまいました。

HGガンダムキマリスヴィダールのプラスチックは何だか少し柔らかいような気が...

それもあってかデザインナイフでのバリ取りが楽、初心者でも挫折しないで作れる鉄血ガンプラはけっこうおすすめですよ~!

私のような老眼オッサンでも難なく作れちゃうのがバンダイの凄いところですな!

f:id:gundamoon:20191230175629j:plain

初心者に難しい部分が腕パーツ色分けシール、

全体を囲うようなシールで立体裁断されており、これを上手に貼るんですけどかなり難しい仕様となっております。

それでも片方を一生懸命に貼ったのが上の画像、最終的に気に入らないので剥がしました。

f:id:gundamoon:20191230175642j:plain

大きなスカートが特徴的なキマリスの腰部、やっぱりパーツが大きいと作りやすいです。

ただし後ろスカートが可動しない作り... これはチョット物足りない。

改修できる人なら動くようにしたほうが良いパーツ、出来れば分割してギミックを増やしたほうが良いと思います。

私には出来ないからそのまま組むしかない...

f:id:gundamoon:20191230175655j:plain

HGガンダムキマリスヴィダールの足部は外装パーツが軟らかいのでカンナ削りが失敗しやすいのが難点、

※カンナ削りとはデザインナイフをたてて使いカンナのようにパーツを削る手法

色を塗らない簡単フィニッシュでヤスリ掛けは出来ないとなればデザインナイフで頑張って爪で擦るしかありません。

それでもこれぐらいなゲート処理になるよ~ってな参考にしてもらえれば嬉しい限りです。

f:id:gundamoon:20191230175709j:plain

羽シールドがとても良い造型、そして付属のシールがバッチリ貼れる気持ちよさ!

羽シールドパーツは他のガンプラにくっつけてみたくなるパーツ、欲を言えばもう少しバックパック上部に接続穴があるといい感じですね~

f:id:gundamoon:20191230175720j:plain

ドリルランスの一部が色分けされていませんし、色分けシールも付属していません。

完璧に仕上げるなら塗るしか方法ありません。

すみ入れ

ドリルランスが大きすぎて重いので装備した状態でのポージングが難しい...

やっぱりネオジム磁石なんでしょうかね?

f:id:gundamoon:20191230175737j:plain

なかなかのプロポーションとなっています。

サイドのロング腰スカートと細い足首のバランスが絶妙!

f:id:gundamoon:20191230175750j:plain

やっぱり後ろ腰スカートがもっとガバって開くといい感じっぽい。

クレオスつや消しトップコートで簡単フィニッシュ完成

簡単フィニッシュは最後の味付けであるクレオスのつや消しトップコートが重要。

吹き溜まりや白くなる失敗は無かったけどプラスチックにトップコートがのらなかった感じになっちゃいました...

きっとつや消しトップコート吹く前に手でベタベタ触ったオッサン油が原因なんでしょうね、それは分かってます。

f:id:gundamoon:20191230175807j:plain

細かい部分をポスカ塗装で遊んでみた結果、オモチャっぽい配色に...

どうせお外でガンプラ遊びして汚れるて色落ちるんだから別にいっかw

f:id:gundamoon:20191230175822j:plain

f:id:gundamoon:20191230175834j:plain

後ろからの画像だとドリルランスがプロペラントタンクみたいな雰囲気となっております。

やはりドリルランスはどうにかして本体常時接続可能な状態にしたほうがガンプラ冒険映えするのは確実でしょう。