ミルフモ

ヴェポライザー、VAPE、アイコス、グロー、プルームを中心とする電子タバコ専門サイト(旧名:ブログ作成ボタンを押しちゃった)

シャグの取り出し悩みを解決するヴェポライザー「XMAX ACE」

新着注目記事

「DM-PAX」水タバコ・ボング・バブラーのように吸えるヴェポライザーで極上のチルタイムを可能に!

アイコスイルマ互換機「Morex 」TEREA・SENTIAの加熱温度を調整して自分好みの吸いごたえに!

「SKUARE6000」使い切りVAPEで18650バッテリーが使える新モデルが登場! VAPE

「へんぷや CBD スターターキット高濃度CBD×ヘンプ100%オイルのリラックスパワー

「FreeMax MAXPOD 3」簡単操作で手が汚れないPOD型VAPE

「Empire Brew ICE ALOE VERA」冷え冷えの濃厚マスカットVAPEリキッドがウマい!

おすすめ「りきっどや 巨峰極」巨峰を丸ごと食べるようなリアルな味

「glo hyper X2」は買いの加熱式電子たばこ?

koi-koi2022年夏の新作リキッド「赤短・乳酸菌ドリンク」「 青短・乳酸菌ソーダ」が美味い!

スケルトンボディのPOD型VAPE「VAPORESSO X MINI」実機レビュー

f:id:gundamoon:20191230125257j:plain

ヴェポライザーのネット販売で有名なVAPONAVIからXMAX(エックスマック)シリーズの最新モデル「topgreen XMAX ACE」が登場しました。

XMAXシリーズで私が持っているヴェポライザーはXMAX STARRY(エックスマックス スターリー)とXMAX AVANT(エックスマックスアバント)、

www.weblogian.com

 

どちらもコンダクション式のヴェポライザーでコーヒー系や甘い系のシャグとの相性が抜群のヴェポライザー、とくにXMAX AVANTは激安価格なのに喫味がよいヴェポライザー、ヴェポライザー喫煙を始めたいけど10000円近くするものを買うのはチョット...なんて悩む方がお試しとして購入するにはおすすめのヴェポライザーです。

そんなXMAXシリーズの最新作ACEはヴェポライザーの弱点であるシャグの排出がスライド機構によりワンタッチに...

もうシャグポンがどうのこうのと言われなくなる可能性を感じられるヴェポライザーはとても気になるモデルですね!

ヴェポライザーにとってシャグポンは重要な要素

シャグポン

シャグポンとはヴェポライザーのチャンバー(加熱炉)に詰めたシャグ(手巻き専用のたばこ葉)の吸い殻が塊となってポンっと排出できるかどうかの呼び方です。

ヴェポライザーでシャグ喫煙はチャンバーに直接シャグを入れて吸った方がうまく味わえるもの、しかしシャグはアイコス・グロー・プルームSのようにタバコスティック形状にはなっていなくタバコ葉を直接詰める為にチャンバーに汚れやカスが付着。

その汚れがこびりついたりするとシャグポン率が下がりヴェポライザーの使い勝手が悪くなるもの。

またヴェポライザーの機種によっては最初からシャグポンを想定していない物もあり、そんな機種はシャグの吸い殻をかき出す必要があります。

ヴェポライザーにとってシャグポンとは使い勝手に関わる重要な要素、喫煙代が圧倒的に安くなるヴェポライザーの面倒な部分がシャグの排出とチャンバーのクリーニングでしょう。

シャグ排出の悩みを解決するワンクリッククリーンチャンバー

f:id:gundamoon:20191230133321j:plain
f:id:gundamoon:20191230133450j:plain

XMAX ACEの情報を見て驚いたのがワンクリッククリーンチャンバーの機能、

デバイスのスライドを上げるとチャンバー下部が上がって強制的にシャグが排出される仕組みとなっておりシャグポンがどうのこうのといった悩みを解決してしまう機能が!

これはヴェポライザーユーザーならば確実に気なる機能でしょう、とくに外でもヴェポライザーを使う人には欲しい機能のはず。

  • 喫煙所でシャグポンが上手くできずに鍵でシャグをかき出す
  • つまようじを携帯していてシャグをかき出す
  • シャグを排出するためにヴェポライザーを振って手が滑って落とす

実際にヴェポライザーを外で使うユーザーあるあるでしょう、

シャグの詰め作業は簡単だけど排出作業が面倒、それでも激安になるタバコ代を天秤にかけると面倒でもヴェポライザー使っちゃいますけど。

LED表示や高級感のあるボディ

f:id:gundamoon:20191230135139j:plain

XMAX ACEの画像を見ると明らかにXMAX STARRYよりもグレードアップしているボディ、LED表示による温度設定や高級感のある側、

VAPONAVIサイトでチェックすると”レザーカバー付きメタルボディで構築された高級感のあるボディ”となっておりXMAX STARRYのような無骨感からナイトシーンに合いそうなお洒落な雰囲気...かっけぇ!

ボトムの穴はシーベイパー4.0のようにエアフローホールのクリーニングも可能、今後ヴェポライザー市場はこの流れになるのでしょうか。

気になる方はVAPONAVIをチェック!