ブログ作成ボタンを押しちゃった

オッサンの実力を教えてやるぜ!

2019年度版プルーム・エス、プルームテック・プラス、プルームテックを比較、自分に合った加熱式電子タバコを見つけよう!

どうも、ガンダムのオッサンです。

2019年1月29日に発売となったJTの加熱式電子タバコ「プルームテックプラス」と「プルームS」、それに以前から発売されている「プルームテック」を加えてJTの加熱式電子タバコラインアップが全3種類となりました。

JTが発売するプルームテック、プルームテックプラス、プルームSの画像

プルームテック、プルームテックプラス、プルームS

JTとしても3種類のプルームブランドが揃ったことで「Ploomなら3つの楽しみ」をキャッチコピーに本格的に加熱式電子タバコ業界のシェア争いへ参入してきた形になります。

ではJTのプルームシリーズが挑戦する相手とは?となると加熱式電子タバコで先行するアイコスとグロー、加熱式電子タバコで後発のJTはこの2強に割って入り込むにアイコス・グローの良いとこ取りに加えて新しい価値観である「タバコの臭い」を減らした加熱式電子タバコに徹底した姿勢を見せつけています。

しかし加熱式電子タバコ初心者やプルームシリーズに触れたことのない方はどのプルームを購入してよいか分からないはず、3つともそれぞれ特徴があるので迷って当然...というわけで私のようなブログ記事が存在するのですね!

ではさっそく「プルームテック」「プルームテックプラス」「プルームS」の違いについて詳しく解説しましょう!

自分のライフスタイルに合ったプルームはどれか?

プルームテック、プルームテックプラス、プルームSの画像

加熱式電子タバコのプルームシリーズを初めての方に簡単に説明するとプルームテックは30℃の低温加熱型、手軽でタバコの臭いを感じない加熱式電子タバコ。

プルームテックプラスは40℃の低温加熱型でプルームテックよりもキック感の強い加熱式電子タバコ。

プルームSは200℃の高温加熱型でライターで火をつけて吸う紙巻タバコに近い加熱式電子タバコになります。

JTの3つのプルームラインアップの中で初心者でも簡単に扱えるものがプルームS、タバコスティックを本体に挿し込むだけの簡単構造でアイコス・グローと同じ、しかもプルームSの臭いはアイコス・グローに比べて格段に低いもののしっかりとしたキック感が得られます。

プルームSの画像

プルームS

プルームテックとプルームテックプラスは臭いを極限にまで抑えた加熱式電子タバコ...とはいっても専用のタバコカプセルとリキッド入りのカートリッジを組み合わせての喫煙になるので通常の紙巻タバコユーザーからすれば「よく分からないもの」といっったイメージがあるはずです。

しかし実際にプルームテック、プルームテックプラスを使った感想としては臭いを極限まで抑えた加熱式電子タバコとはライフスタイルにも影響を与えるほどのもの、こんな事を言ってはなんですが「タバコを吸ったがバレない」加熱式電子タバコです。

もちろんキック感も十分に感じられるので昨今の肩身が狭い喫煙者にとって救いの加熱式電子タバコと言える存在だと考えています。

プルームテックとプルームテックプラスの画像

プルームテックとプルームテックプラス

私としてはJTの加熱式電子タバコならプルームSを一台、もう一台をプルームテックにするかプルームテックプラスにするか...といった2台購入がおすすめ。フルーツ系の喫味も味わいたい方は全種類を購入するのもあり。

※キック感とはライターで火をつけて喫煙する紙巻タバコを吸った時に煙が喉を通過するときに感じる刺激のこと、スロートキックとも呼ばれるもので喫煙者にとって欠かせないタバコの楽しみです。

JTといった安心感と日本人の好みを分かってる信頼感のプルームシリーズ

少し尖った言い方をすればJTといえばマイセン(マイルドセブンで現メビウス)、そしてマイセンといえば日本人にあったタバコ... 若いときはマルボロやらなんやらとカッコつける要素があるものの結局行きつく先はマイセン。

それは世の中のオッサン喫煙者を見ればわりと納得出来る話ではないでしょうか。

かくいう私も40代のオッサンでして長いこと紙巻タバコのマイセン一筋でした。それが変わり始めたのが加熱式電子タバコ「アイコス」を手にしてから。

世の中の喫煙者に対する目が厳しくなり、これはまずいぞ...の考えも含めてアイコスに切り替えました。しかしアイコスとは色々と問題のある製品、とくに初代のアイコスで嫌な思いをした経験がある方は多いでしょう。

www.weblogian.com

そこから遅れて登場したのがグロー、私はネオスティック(グロー専用のタバコスティック)が安いこともあってすぐにグローに飛びつきましたが2018年のタバコ増税によりグローは安いタバコではなくなってしまいました。

www.weblogian.com

この時にJTが発売していた加熱式電子タバコはプルームテックのみ、そしてプルームテックは発売時に購入したけど直ぐに紛失...新しく購入しようか迷いましたがその時はキック感がイマイチ...とのことからプルームテックからは完全に離れました。

しかし今回プルームシリーズを全て試した結果、プルームテックにはフルーツ系のフレーバーが多く発売されておりバラエティ豊かな加熱式電子タバコへと変貌。これは十分におすすめできる製品と考え方も変わりました。

そして2019年1月29日に新発売となったプルームテックプラスとプルームS... 私の率直な気持ちは「待っていました!」になります。

何といっても製造発売元はJT、ニコチン中毒な私のこれまでの人生を注ぎ込んだ愛すべきマイセンのJTが発売する本格的な加熱式電子タバコです。

アイコス・グローとは違ってJTならば...といった安心感、日本人好みの味を知ってるJT...

プルームテック・プルームテックプラス・プルームSにはそんな想いが込められた加熱式電子タバコだと私は考えています。

因みに私はアイコス・グロー・プルームといった加熱式電子タバコ以外にもヴェポライザーといったタバコ代を激減させるコスパ力の加熱式電子タバコも複数台所有する超ヘビースモーカーです。

気になる方は下リンク記事も参考にどうぞ。

www.weblogian.com

メンソールが強烈なキック感の「プルームS」、タバコ葉のうまみも充実!

2019年2月現在においてJTが発売するプルームSのタバコスティックは全3種類、メビウス銘柄でレギュラーテイスト、メンソール、メンソールクールエフェクトになります。

プルームSの全種類タバコスティックと本体のが画像

プルームSの全種類タバコスティックと本体

プルームSで喫煙をするには3種のどれかのタバコスティックが必要になります。

3種のタバコスティックで最もキック感が強いものがメンソール、次にメンソールクールエフェクト。

プルームSが初めての方は最もマイセン味に近いと思われるレギュラーを選びがち、もちろんキック感が得られるタバコスティックですがキック感を得られる回数が最も少ないのがレギュラー、キック感ゼロの吸い心地が発生してしまうのです。

またJTは公式には言っていないもののプルームSは一度使用したタバコスティックがもう一度吸えてしまうといった裏ワザ的な喫煙が可能です。

プルームSの未使用タバコスティックと使用済みタバコスックの比較

プルームSの未使用タバコスティックと使用済みタバコスックの比較

つまり一本のタバコスティックで2本分ぐらいの喫煙が出来てしまうのがプルームS、これは喫煙者にとって嬉しいことでタバコ代の節約にもなる加熱式電子タバコです。

しかし使用済のタバコスティックで2回目の使用の場合、キック感や喫味で満足のゆく喫煙が可能なタバコスティックはメンソールとメンソールクールエフェクトのみ、レギュラーを2回目に使用するとキック感スカスカで煙を吸って吐いているだけの行為になります。

プルームS、アイコス、グローの画像

プルームS、アイコス、グロー

プルームSは高温加熱型の加熱式電子タバコなのでライバルのアイコス・グローと基本的な構造は同じ、アイコス・グローを使った事がある方であれば問題なく移行できる加熱式電子タバコ、という事でライターで火をつけて吸う紙巻タバコと同じような喫味とキック感を得られるといった特徴があります。

タバコ葉のうまみをじっくりと味わうならプルームSが良いでしょう。

プルームSで携帯する全ての物

プルームSで携帯する全ての物

プルームSで喫煙行う場合はプルームS本体、ACアダプター、USBケーブル、タバコスティックの4つを携帯する必要があります。

ライターさえ持っていればOKの紙巻タバコよりは持ち物が増えていましますね。

加熱式電子タバコと言えばアイコスの「ポップコーンのような、焼いものよな臭い」が有名でしょう、それは臭いの少ないプルームSも高温加熱型の加熱式電子タバコなので臭いはします。

ではプルームSの臭いとはどんな臭いか?となると甘さのある優しいポップコーンの臭い、少なくともアイコスのような嫌な臭いではありません。

ploom公式ショップ楽天市場店

プルームSについて更に詳しい使い方やタバコスティックの情報は下リンク記事をどうぞ。

www.weblogian.com

www.weblogian.com

パワフルなキック感とタバコを吸ったがバレないレベルの臭い「プルームテックプラス」

2019年2月現在においてプルームテックプラスのタバコカプセル&カートリッジは全4種類が発売、メビウスブランドで「マイルドブレンド」「ローストブレンド」「コールドミント」「クリアミント」になります。

プルームテックプラス本体と全種類のタバコカプセル&カートリッジの画像

プルームテックプラス本体と全種類のタバコカプセル&カートリッジ

プルームテックプラスは低温加熱型の加熱式電子タバコでプルームS・アイコス・グローとは異なる方式の加熱式電子タバコ、基本的な構造はタバコカプセルとリキッドのはいったカートリッジを組み合わせての喫煙です。

ではキック感はどうか?となると紙巻タバコのようにしっかりとキック感は得られます。

しかも臭いが皆無なレベルなので例えば自動車の中で同乗者にプルームテックプラスを吸ってるシーンや吐き出す蒸気を見られなければ喫煙している事がバレないレベルの臭わなさ!

という事で「タバコやめた、禁煙!」と宣言してしまったものの実は...といった方や自宅は禁煙だけれども...といった方にはとても助かる加熱式電子タバコ、それもプルームテックプラスの醍醐味の一つです。

プルームテック専用タバコカプセル&カートリッジの箱の中

プルームテック専用タバコカプセル&カートリッジの箱

プルームテックプラスってタバコカプセルとカートリッジの両方を買わなければならないの?それってタバコ代がけっこうかかるんじゃ...と初めての人は思いがち、でも大丈夫。

プルームテックプラス専用のタバコカプセルとカートリッジは一箱に付きタバコカプセル5個、カートリッジ1個の状態で販売されています。

そして一箱で250パフ(250回吸える)ようになっているので紙巻タバコよりも一箱単位の喫煙回数は多め。

※通常のライターで火を付けて喫煙する紙巻タバコは一本につき7回前後の吸いしか出来ません。(ロングタイプを除く)

プルームテックプラスとスマホの大きさ比

しかもプルームテックプラスはカートリッジにリキッドが残っている状態であれば一度使い終ったタバコカプセル(50パフ)を再利用状態が可能、もちろんキック感もしっかりとある状態で!

吸い方にもよりますが一箱で350~400パフぐらいはキック感を得られながら吸えてしまうのです。

プルームテックプラス専用のリキッド入りカートリッジ画像

プルームテックプラス専用のリキッド入りカートリッジ

紙巻タバコが一箱で140~180回の吸い回数と考えるとプルームテックプラスは一箱で2倍前後の喫煙が可能、これはタバコ代の節約面でも効果ありです。

タバコ代の節約についてはヴェポライザーでシャグを喫煙するといった方法もあり、気になる方は下リンク記事を参考にどうぞ。

www.weblogian.com

プルームテックプラスで携帯する全てのもの

プルームテックプラスで携帯する全てのもの

プルームテックプラスは本体、タバコカプセル、カートリッジで構成される加熱式電子タバコ、実際に持ち歩く時は組み立てた状態のままなのでバラす必要はありません。

タバコカプセルが50パフで終了のサインがでたら次のタバコカプセルを差し込むだけ、後はリキッドの減り具合を確認しつつ喫煙するだけ。

タバコカプセルが残り2個になったらその2個は捨てずに再利用...といった方式で私はプルームテックプラスを使用しています。

ploom公式ショップ楽天市場店

プルームテックプラスについて更に詳しい使い方やタバコカプセルの喫味・キック感等の情報を知りたい方は下リンク記事を参考にどうぞ。

プルームテックプラスの購入を検討している方にむけて徹底的に解説しています。

www.weblogian.com

www.weblogian.com

www.weblogian.com

www.weblogian.com

www.weblogian.com

豊富なフルーツ系フレーバーの喫味が楽しめる「プルームテック」 

加熱式電子タバコでは後発もあってかアイコス・グローの勢いに押された感があり街でもあまり見かけないプルームテック、

とくに初心者には「分かりにくい」といった構造もあったのでしょうか、世間の評価としてはイマイチな加熱式電子タバコと思います。

プルームテックと全種類のフレーバー

プルームテック

私もプルームテックは一度購入したものの直ぐに紛失、かなりの期間プルームテックから離れていました。

そして今回新型であるプルームテックプラスとプルームSのレビュー記事を書くにあたってもう一度プルームテックを試すことに。するとこんなに多くのフレーバーがあったっけ?と思うほど種類が多い...その数なんと8種類も!

プルームテックのタバコカプセル&カートリッジ全種類画像

プルームテックのタバコカプセル&カートリッジ全種類

全種類のタバコカプセル&カートリッジを試したところ、フルーツ系フレーバーの喫味がとても美味い... それでいてプルームテックプラスには劣るものの喫煙には十分なキック感が得られる加熱式電子タバコと再認識。

プルームテックは今後フルーツ系のフレーバーな方向に進んでゆくと思われ、それはプルームSやプルームテックプラスとは違った方向性の加熱式電子タバコになるのでは?と予測しています。

因みにフルーツ系フレーバーのタバコはライターで火をつけて吸う紙巻タバコ喫煙者には馴染みが少ないものでしょう、フルーツ系の喫味となるとヴェポライザーによるシャグ喫煙、しかし加熱式電子タバコ初心者や手巻き専用のタバコ葉「シャグ」初心者にとってはヴェポライザーのハードルはそれなりに高いというもの、一般的にはプロの喫煙者な評価だと思います。

www.weblogian.com

  • そんなプロの喫煙まではチョット...
  • でもフルーツ系のタバコは気になる...
  • ゆくゆくはヴェポライザーを...

なんて方にはプルームテックはおすすめの加熱式電子タバコ、本体価格も安いので気軽に購入できるはずです。

プルームテックで携帯する全てのもの画像

プルームテックで携帯する全てのもの

プルームテックはどれが本体?といった初心者には分かりにくい構造であるのもアイコス・グローの持つ加熱式電子タバコシェアへ食い込めなかった原因のひとつではないかと思っています。

基本的にバッテリーに別売りのカートリッジ&タバコカプセル(一箱につきカプセル5個カートリッジ一本)を組み合わせての喫煙、そしてバッテリーの充電は専用にUSBチャージャーに接続して行う...といった加熱式電子タバコでは少し特殊な使用方法と構造になります。

プルームテックのタバコカプセル&カートリッジ画像

プルームテックのタバコカプセル&カートリッジ

一箱に一本入っているカートリッジが金属製、しかも使い切りなのも面白いものがありますね、この辺もプロっぽさを感じられます。

プルームテックにチューブを接続

プルームテックにチューブを接続

プルームテックもプラス同様に全く臭わない加熱式電子タバコ、しかも本体はボールペンと変わりない大きさと太さで電源ボタンが存在しません(吸い込んでる時だけ電源が入る仕組み)

という事でプルームテックプラス同様にタバコを吸ったがバレない加熱式電子タバコ、ならばチューブを装着して様々な喫煙環境に対応する...

やはり「禁煙宣言」をされた方だけど実は...のような人が隠れて吸うにはとても良い構造なのです。

プルームテックの詳しい使い方、全種類のタバコカプセル&カートリッジの吸い比べ、チューブを装着した活用法など更に詳しい情報は下リンク記事を参考にどうぞ!

www.weblogian.com

www.weblogian.com

ploom公式ショップ楽天市場店

 自分に合ったJTのプルームはどれか?

JTのプルームシリーズ全種類の画像

2019年2月現在においてJTからラインアップされている3種類の加熱式電子タバコを簡単に紹介しました。

プルームテックとプルームテックプラスは構造は同じですがキック感やフレーバーの種類に差がある、プルームSはアイコス・グローの良いとこ取りな加熱式電子タバコです。

タバコの臭いについて色々とお考えの方はプルームテックかプルームテックプラス、ガツンとしたキック感を味わいたいのであればプルームSと考えての購入が良いでしょう。

JTのプルーム加熱式電子タバコ全種類とフレーバー全種類の画像

私としてはプルームテックかプラスのどちらか一台、もう一台にプルームSが良いのではないかと考えています。

自分のライフスタイルに合わせた加熱式電子タバコを...JTが発売するプルームシリーズは喫煙者に新しい価値観と喫煙状況を生み出す加熱式電子タバコと言っても過言ではないでしょう。

最後まで読んで頂き、本当にありがとうございました。

VAPEが気になる方はこちらの記事を参考にどうぞ!

www.weblogian.com