ミルフモ

ヴェポライザー、VAPE、アイコス、グロー、プルームを中心とする電子タバコ専門サイト(旧名:ブログ作成ボタンを押しちゃった)

【生産終了】ヴェポライザー『フェニックス ミニ』のキット内容と詳細まとめ

最新記事情報!

バージョンアップしたプルーム・テック・プラス1.5

サイドパネルが交換できる「グローハイパープラスユニーク」

POD型の第三世代ヴェポライザーZeus Arc GTS

低価格でも高性能なPOD型VAPE「DRAG NANO 2」

MONSTAVAPEとベプログのコラボリキッドOrant Punch(オラントパンチ)

POD型最強のVAPE「カリバーンAK2」

「ブランデーマキアートを吸う?」VAPEリキッドこいこい猪鹿蝶【蝶】

PEAQ(ピーク)ってどんなCBD?セックス対応?深~いリラックス

現在の私が所有するヴェポライザーはシーベイパー3.0とフェニックス、加熱方式が異なるヴェポライザーなので味、キック感、強さが異なります。

シーベイパー3.0はタバコ葉を直接加熱するコンダクション式、フェニックスはタバコ葉に熱した空気を通して喫煙するコンベクション式になります。

そして新たに3代目となるコンベクション式ヴェポライザーフェニックスの小さいモデル「Fenix MINI」を手に入れました

Fenixシリーズのヴェポライザー購入検討の方は通常のFenixとMINIとの違いが気になると思いますので参考にどうぞ...!

フェニックスミニは新モデルfenix mini pro(フェニックス ミニ プロ)が登場しました。

www.weblogian.com

※未成年者の喫煙は、健康に対する悪影響やたばこへの依存をより強めます。周りの人から勧められても決して吸ってはいけません。

WEECKE Fenix MINI(ウィーキー フェニックス ミニ)スターターキット

ガジェットとして扱われがちな加熱式電子タバコ、やはり機器の質にこだわっていきたい方も多いかと思います。

という事でまずはWEECKE Fenix MINI (ウィーキー フェニックス ミニ) の箱を確認してみましょう。

f:id:gundamoon:20180929225328j:plain

フェニックス同様に重厚な箱、紙の質が良い箱になります。

やはり製品の質をみる上でもこのようなしっかりとした箱はポイントが高く「中に入っている物」に対する安心感があります。

せっかく購入してすぐに壊れちゃった...ってのは嫌ですもんね。

f:id:gundamoon:20180929225805j:plain

f:id:gundamoon:20180929225926j:plain

やはり全部英語、FENIX(フェニックス)はPREMIUM VAPORIZERSでしたがFENIX MINI(フェニックスミニ)はPORTABLE VAPORIZERとなっております。

それでは内容物を見ていきます。

WEECKE Fenix MINI (ウィーキー フェニックスミニ)の内容物

f:id:gundamoon:20180929230719j:plain

箱をあけるとシーベイパー、フェニックス同様に最初に見えるのが黄色い紙の警告書と取扱説明書、同社のヴェポライザーがこれで三台目の私としては見慣れたもの...でも始めての方にとっては重要な警告書。

開封後、最初に警告書が見えるような梱包はとても良いと考えております。

警告書の内容は重要になるのでよく目を通しておきましょう。

充電は必ず1A、1.5V以下の充電器で行ってください。それ以上の電圧で充電すると爆発や火災を引き起こします。

パススルー未対応です。充電をしながらの使用は絶対にやめて下さい。

満充電後は早めに電源プラグを抜いて下さい。

掃除の際はセラミックチャンバーに無理な力を掛けない様にお願い致します。セラミックの割れは保証対象外となります

とくに重要な部分は1A、1.5V以下の充電器による充電、あとは使用しなががの充電は絶対にやめて下さい...といったところ。これはシーベイパー3.0とフェニックスも同じになります。

f:id:gundamoon:20180929231150j:plain

f:id:gundamoon:20180929231412j:plain

WEECKE Fenix MINI (ウィーキー フェニックスミニ) を使用する全ての付属品が入っています、それもきちんと箱の中の箱といった丁寧かる精密な寸法の箱で...これはいいですね、ヤル気が感じられます。

f:id:gundamoon:20180929231722j:plain

 

USBケーブル、クリーニングブラシ、ピンセット、クリーニングキット(金属製の耳かき)、ワックス&オイルカップ、交換用のスクリーン(タバコ葉を吸いこまないようにする金属製のメッシュ)になります。

WEECKE Fenix MINI (ウィーキー フェニックスミニ)の本体

f:id:gundamoon:20180929233236j:plain

Fenix MINI(フェニックスミニ)の購入を検討されている方はFenix(フェニックス)とどれぐらい大きさが異なるのだろうか?何が違うのだろうか?とお考えのはず、という事で比べてみましょう。

f:id:gundamoon:20180929233611j:plain

並べてみるとかなり大きさが異なります。

触り心地はFenix(フェニックス)もFenix MINI(フェニックスミニ)も同じ、マットなラバーコーティングの感触でiQOS(アイコス)と同じになります。

WEECKE Fenix (ウィーキー フェニックス)のスペック

サイズ50.0mm×27.3mm×81.0mm

入力DC5.0V 1A

バッテリー容量1600mAh リチウム電池

空気対流式チャンバー(コンベクション)

f:id:gundamoon:20180929234357j:plain

,マルボロ比でもこの大きさ、これは確かにポータブルに良いコンベクション式のヴェポライザーです。

WEECKE Fenix MINI(ウィーキー フェニックスミニ)の本体細部

使用する際は加熱チャンバー部に紙巻タバコを1/5にカットしたもの、またはシャグを入れての喫煙になります。

f:id:gundamoon:20180929235341j:plain

加熱チャンバーへのアクセスはプラスチックの突起によりパチンと開閉できるシステムのマウスピース一体型キャップ。

という事でマウスピースを違う形に変えたりフィルターを装着しての喫煙は出来ません。ここがフェニックスと大きく違うところ。

f:id:gundamoon:20180930000641j:plain

始めはFenix MINIの大きなマウスピースに違和感がありましたが実際に使用すると口にフィットしてFenixやシーベイパー3.0よりもかなり吸いやすい形状となっております。

f:id:gundamoon:20180930001249j:plain

過熱チャンバーはFenixよりもMINのほうが小さめ、Fenixの専用スペーサーが入りませんでした。

シャグの入れやすさで言えば形状的にもフェニックスのほうが上です。

f:id:gundamoon:20180930001811j:plain

本体下部に空気を吸い込む穴が開いています。

Fenix MINIはFenix同様にエアフロー調整機能はありません。

吸いこみ時の抵抗感を増やしたい時は指で押さえながら微調整が出来なくもないのですが調整はやりにくいと思って下さい。

Fenix MIN(フェニックスミニ)は液晶ディスプレイ

Fenix MINIの本体機能でFenixとの最大の違いは液晶ディスプレイによる表示、バッテリーの充電状況でもFenixよりも新設設計となっております。

f:id:gundamoon:20180930002451j:plain

f:id:gundamoon:20180930002504j:plain

FenixはLEDの色でバッテリー残量を判別する仕組み、この辺はFenix MINIのほうが新設設計と言えます。

また温度設定や残り喫煙時間も液晶表示機能がついたFenix MINIならでは!

※コンダクション式のシーベイパー3.0と同じ液晶ディスプレイです。

 

f:id:gundamoon:20180930002836j:plain

さらにFenix MINIは加熱時、喫煙可能時にマウスピース一体型の透明な部分が光るようになっているのです。

 

f:id:gundamoon:20180930003548j:plain
f:id:gundamoon:20180930003601j:plain

加熱中が赤、喫煙可能が緑。

別にLEDで光らなくとも液晶ディスプレイで喫煙可能時が分かるようにはなっているから必要のない機能と言えばそれまで。

でもガジェットとしてみる加熱式電子タバコ機器ならこんな小さな機能が満足度を高めるというのも...やはり光ったほうがカッコイイ(笑

WEECKE Fenix MINI(ウィーキー フェニックスミニ)についてさらに詳しい内容や使い方、使用感(喫味やキック感)について知りたい方は大きなFenixとの違いの部分でしょう。

フェニックスミニのシャグ喫煙使用方法も参考にどうぞ。

www.youtube.com

 

 

シャグによる外出先での喫煙を考えて「WEECKE FENIX mini専用 ヒーティングチューブスペーサー」の同時購入をお勧めします。

 

第4の加熱式電子タバコと呼ばれるヴェポライザー、その中でも売れ筋商品のWEECKE Fenix (ウィーキー フェニックス)とFenix MINIの本体について比較を行いました。

WEECKE Fenix (ウィーキー フェニックス)及びFenix MINIの購入を検討されている方、既に購入した方の参考になれば幸いです。

ヴェポライザー『フェニックスミニ』でタバコ代を徹底的に節約する方法

ヴェポライザーを使用するようになってから今まで消費したタバコ代って何だったんだ!とビックリするレベルのランニングコストになるのです。

今回はFenixの小さい版ヴェポライザー「Fenix MINI」を使いコンビニ等で販売されているマルボロ赤を1/5にカット、味・キック感・キック感の回数について詳しく解説します。

フェニックスミニは新モデルfenix mini pro(フェニックス ミニ プロ)が登場しました。

 

Fenix MINIはコンベクション式のヴェポライザー(熱対流式)

ヴェポライザーの加熱方式の違いを大きく分けるとコンダクション、セミコンベクション、コンベクション、フルコンベクション、ハイブリット....と呼び方が色々とあります。

大きな違いはタバコ葉(シャグを含む)を外から加熱して吸いこむ喫煙か、熱した空気をタバコ葉に通して吸いこむ喫煙かの違いになります。

コンダクション(熱伝導)
・味がマイルド
・少し燻したようなタバコっぽい香りがある
・加熱室内が汚れやすいのでクリーニングをしっかり行う
コンベクション(熱対流)、セミコンベクション
・味がクリア
・ニコチンのキックが強め
・加熱室内が汚れにくい(ただし定期的なクリーニングをお勧めします)
・値段が高いものが多い
フルコンベクション(完全熱対流)
・100%熱した空気を通すだけで加熱する
・最もクリアに葉の香りを楽しめる
・ニコチンのキックは弱め
・10秒前後ゆっくりと肺に直接入れるように吸うのがコツ
・タバコっぽさは弱いので上級者向け
・吸い方も少し独特なのでヴェポライザー入門者にはあまりお勧めできない。

ハイブリッド
・コンベクション、コンダクションの2つのヒーターを内臓
・加熱効率が良く、ニコチンのキックがかなり強めに出る
​・口腔喫煙推奨。喫煙上級者向け

【ヴェポナビ】ヴェポライザー専門ショッピングサイトより引用

Fenix MINIはFenixの小さい版ヴェポライザー、しかし大きさの違いやタバコ葉を詰めるチャンバーの大きさ、マウスピースの形状が異なるとなれば色々な面でFenixとは違うヴェポライザー...というのが私の感想です。

紙巻タバコを1/5にカットしてWEECKE Fenix MINI (ウィーキー フェニックスミニ)で喫煙

大きなモデルのFenixでは紙巻タバコのカットが1/4ぐらいが限界でした。これは過熱方式の異なるシーベイパー3.0も同じ。

ところがFenix MINIはチャンバーが小さいこともあってか紙巻タバコ(マルボロ赤)を1/5カットが可能です。

f:id:gundamoon:20181001181547j:plain

過熱チャンバーにカットした紙巻きたばこを直接入れてもOKですが、外での喫煙を考えると専用スペーサーがあったほうが間違いありません。

 

なぜこのようなスペーサーが必要になるか?と言えばFenix MINIを外で使用する場合、人前で紙巻タバコのカット作業やシャグの詰め作業を行わないためです。

2018年の現在、加熱式電子タバコはアイコス、グローが主流でありヴェポライザーはこれから主流になるであろう加熱式電子タバコ機器です。

アイコス、グローは箱からタバコスティックを出して本体に挿して吸うだけ、とてもスマートな行為でありその光景は発売開始直後と違って現在は珍しくもない光景です。

 

しかしヴェポライザーは紙巻タバコのカットという行為、またはシャグ(手巻き専用のタバコ葉)を本体に詰める作業があり、そしてこの作業はまだ一般的でない行為でもあり、かつ「葉」を弄る行為になるので世間的には

「怪しい事を行っているような目で見られる」

となります。

それを避ける意味も含めて外出用にスペーサーがあったほうが良い...ということになります。

紙巻たばこマルボロ赤を専用スペーサーの長さに合わせてカット

先ほどのFenix MINI専用スペーサーとマルボロ赤一本がこちら。

f:id:gundamoon:20181001182042j:plain

マルボロ赤をハサミでカットし、専用スペーサーに詰める作業を行う部分がFenix MINIの面倒な部分でしょう。これはシーベイパー3.0とFenixも同じです。

f:id:gundamoon:20181001182400j:plain

マルボロ赤とスペーサーと並べるとこのような比較...そう、スペーサー使用によるシーベイパーやFenixでは1/4カットが限界なのです。

しかしFenix MINIの専用スペーサーでは画像を見ても分かるとおり一本の紙巻タバコを5分割にしてスペーサーに詰め込むことが可能。

f:id:gundamoon:20181001182756j:plain

f:id:gundamoon:20181001183115j:plain

このような光景を始めて見る方は「なに勿体ないことやってるんだ!」と言いそうですよね、でもこれは全く勿体ない行為ではありません。

今の私からすれば紙巻タバコに火をつけて吸うほうが勿体ないとしか言いようがありません。

ではカットしたマルボロ赤をFenix MINI本体の加熱チャンバーに入れてみましょう。

f:id:gundamoon:20181001183911j:plain

あとは蓋(マウスピース)を付けて喫煙するだけ。

※Fenix MINIはマウスピースの形状からフィルターを装着することが出来ません。シーベイパー3.0とFenixはフィルターの装着が可能

Fenix MINI 紙巻タバコ1/5カットのキック感とキック回数 、味について

キック感とはタバコを吸って煙が喉を通り過ぎる時に感じる抵抗感、スロートキックとも呼びます。

このキック感が感じられない加熱式電子タバコは全く意味のない機器と考えるのが私、そしてWEECKE Fenix MINI (ウィーキー フェニックスミニ)は紙巻タバコを1/5にカットしたものだろうがシャグだろうかキック感を感じる事が可能です。

ではそのキック感の強さ、回数、質....ここがポイントになる部分です。

1/5カットの紙巻タバコのキック回数を数えた結果、8~10回のキック感がありました。Fenixよりもやや回数が劣る感じがします。

またFenixと異なる部分は加熱後の吸い込みからキック感アリとなります。

 

キックの強さはFenixとあまり変わらず、舌で感じるタバコの味については若干薄め、そしてFenixとの一番の違いが「辛さ」でしょう、マルボロ1/5カットは少々辛味がある味で例えるならかつての紙巻タバコ旧三級品のような辛さがありました。

この辺は他の銘柄の紙巻タバコを試せばまた少し違った味になるのかと思います。

 

f:id:gundamoon:20181002011049j:plain

こちらが使用済みの1/5カットマルボロ赤、

吸殻も詳しく見てみましょう。

※使用直後の金属スペーサーは激熱、手で触ると確実に火傷すると思って下さい。

f:id:gundamoon:20181002012006j:plain

Fenixと同じように使用済みの1/5カットタバコ葉をもう一度詰めて使用したところキック感無しのスカスカでした。

www.weblogian.com

Fenix MINIはシャグをメインで考えた方が良い

Fenix MINIは大きなFenix同様にコンベクション式のヴェポライザー、そしてシャグによる喫煙のほうがキック感・質等考えても断然にうまいのです。

またシャグでFenix MINIを使うとマルボロ赤の紙巻タバコを1/5カットのような辛味も無し、大きなFenixよりもマイルドな吸いごたえとキック感が味わえる...私としてはFenix MINIはシャグ専用のヴェポライザーであると考えています。

という事で次はシャグ使用をメインとしたWEECKE Fenix MINI(ウィーキー フェニックスミニ)の詳しい解説やタバコ代の節約感について記事を書きますので購入検討で迷っている方はそちらを読んで納得の上での購入でも間違いありません。

私のように何台もヴェポライザーや加熱式電子タバコを携帯する人間はそうそう居ないでしょう。

このような事はタバコが好きでないと出来ないこと、だからこそ真剣にヴェポライザー関連の記事を書いていますし全ての喫煙者の為を思って書いています。まあ健康面は...ですが(笑

 シャグによる外出先での喫煙を考えて「WEECKE FENIX mini専用 ヒーティングチューブスペーサー」の同時購入をお勧めします。

ヴェポライザー『フェニックスミニ』でシャグ喫煙する方法、タバコ代の大幅節約も可能

WEECKE Fenix MINI(ウィーキー フェニックスミニ)は熱した空気をたばこ葉に通して喫煙するコンベクション式のヴェポライザー、シャグはコスパ面でも紙巻タバコや加熱式電子タバコのアイコス・グローより優れているたばこ葉

Fenix MINIは紙巻タバコカットの場合は多少の辛みがあるのでやはりシャグによる喫煙をお勧めします。

フェニックスミニは新モデルfenix mini pro(フェニックス ミニ プロ)が登場しました。

 

ヴェポライザーで喫煙する「シャグ」とは?

手巻き専用のたばこ葉、通常の紙巻タバコと違い自分でたばこ葉を紙で巻いて喫煙するための物です。

f:id:gundamoon:20180922164933j:plain

通常の紙巻タバコのように箱入りではなく三つ折りの袋に入っています。

中はこのような感じ

f:id:gundamoon:20180922165231j:plain

たばこ葉がそのまま詰まっている状態でこれを千切っての使用になります。

WEECKE Fenix MINI(ウィーキー フェニックスミニ)では千切ったシャグを加熱チャンバー室に入れての喫煙、もちろん通常の紙巻タバコ同様にキック感がきちんとあります。

一回で使用するシャグの量にもよりますが、ヴェポライザーでシャグを使う場合はシャグの袋一つでタバコ4箱分ぐらいに相当、この時点でかなりタバコ代が節約できます。

www.weblogian.com

町のたばこ屋さん以外はドン・キホーテでシャグの購入が可能、近所にそのような店舗が無い方はインターネットによる購入も可能です。

紙巻タバコのようにシャグも色々な種類があり中には自分に全く合わないシャグもあります。

そんな時はチェ・シャグの赤を購入しておけば間違いはないでしょう。

シャグをWEECKE Fenix MINI (ウィーキー フェニックスミニ)で吸う

別売りのWEECKE Fenix MINI(ウィーキー フェニックスミニ)専用スペーサーを使ってシャグを詰める方法と本体に直接シャグを詰める方法があります。

今回はFenix MINI本体に直接シャグを詰めて喫煙します。

f:id:gundamoon:20181002162946j:plain

f:id:gundamoon:20181002163320j:plain

この記事を読まれる方は大きなFenixとFenix MINIの違いについて知りたいはず、という事でシャグの入れやすさで言えばFenix MINIは大きなFenixよりも多少入れにくい部分があります。

しかしそれは大きなFenixが圧倒的にシャグを入れやすい構造の為です。

f:id:gundamoon:20181002183211j:plain

Fenix MINIの過熱チャンバー室は大きなFenixに比べて小さいので一回に使用するシャグの量も少なめ、大きなFenixに比べて7割程度のシャグ量といったところ。

ぎゅうぎゅうに突っ込む必要はありませんが、シャグを多く詰めたほうがキック感をの回数が若干多い場合があります(この辺は設定温度や湿度によって変化すると思われる)

後は加熱、喫煙。

フェニックスミニのシャグ喫煙使用方法の動画はこちら!

www.youtube.com

使用済みのシャグ吸い殻がこちら

f:id:gundamoon:20181002164401j:plain

f:id:gundamoon:20181002164526j:plain

 ヴェポライザーでシャグによる喫煙の場合は2セット(一回使用したシャグを捨てずにそのままもう一度喫煙してしまう)の喫煙をする場合が多いのですが、コンベクション式のWEECKE Fenix MINI(ウィーキー フェニックスミニ)は2セット目のキック感はスカスカです。

www.youtube.com

 

ではコンダクション式(葉を直接加熱する方式)のシーベイパー(C-VAPOR3.0)はどうか?となるとシャグを少し多く詰め込むことにより2セット目もキック感が味わえたりします。

シャグによる喫煙でシーベイパー3.0で2セット3セットと考えるとシーベイパーのほうがお得のようにも思えますが一回分のシャグ使用量はFenix MINIが最も少なめです。

シャグポンについて

「シャグポン」とは使用済みのシャグを本体から排出する時に本体を逆さにしてポンっと使用済シャグが塊となって出てくるという仕様

f:id:gundamoon:20180922180648j:plain

大きなFenixは本体を逆さにしてトントンと本体を叩くと使用済のシャグがこのように滑り落ちてきます。

しかしFenix MINIでは使用済みのシャグがポンと出てこないことのほうが多い...という事でFenix MINI本体に直接シャグを入れての喫煙時はスターターキットに付属している金属製の耳かきが必須になります。

 

シャグによるWEECKE Fenix MINI (ウィーキー フェニックスミニ)のキック感と回数

さてシャグによる喫煙、重要なことは味、質、そして何より気になるのが吸いこみ時に喉で感じる刺激「キック感(スロートキック)」の回数、そして大きなFenixとの違いでしょう。

シャグによるFenix MINIのキック感の回数は約10回、大きなFenixが最大15回なので少なめということになります。

味はFenixに比べてマイルド、キックの強さは若干弱めになります。

 

第4の加熱式電子タバコと呼ばれるヴェポライザーWEECKE Fenix MINI (ウィーキー フェニックスミニ)と大きなFeninxについてシャグで使用する方法及び使用感についての違いを詳しく解説しました。

WEECKE Fenix MINI(ウィーキー フェニックスミニ)及び大きなFenixの購入を検討されている方、既に購入した方の参考になれば幸いです。

私としては2台目3台目のヴェポライザーで考えるならFenix MINIが良いと思っています。

最後まで読んで頂き、本当にありがとうございました。

アマゾンからの購入はこちら

 

シャグによる外出先での喫煙を考えて「WEECKE FENIX mini専用 ヒーティングチューブスペーサー」の同時購入をお勧めします。