ブログ作成ボタンを押しちゃった

オッサンの実力を教えてやるぜ!

JTの新型高温加熱式電子タバコ「プルームS」は二度吸いもいけちゃう!

2019年1月29日にJTから新発売となった加熱式電子タバコ「プルームS」は専用のタバコスティックを200℃の高温加熱して喫煙する加熱式電子タバコです。

タバコスティックを本体に挿し込んで高温加熱する方式の加熱式電子タバコはアイコスとグローが先行しており、プルームSはグローと同じく外から熱を加える方式...

という事でプルームSのキック感について少々不安に思う人もいるでしょう、でも大丈夫。

プルームSは加熱式電子タバコ初心者でもしっかりとキック感が感じられる加熱式電子タバコです

「キック感」について分からない方に簡単に説明するとマルボロやメビウス等の紙巻タバコを吸った時(ライターで火をつけて)、煙が喉を通過する際に感じる刺激。

スロートキックとも呼ばれてタバコを吸う喫煙者にとって欠かせない刺激になります。

因みにグローは普通に吸ってはキック感を得られない加熱式電子タバコ、でもちょっとしたコツを掴めば十分にキック感を得られます。

www.weblogian.com

プルームSは高温加熱方式の加熱式電子タバコでは完全に後発の喫煙具、そうなるとアイコス・グローとの違いが気になるはずです。

という事でプルームSを購入検討している方、また購入したばかりの方も私のプルームSレビュー記事を参考にどうぞ!

プルームS(Ploom S)スターターキットの内容物

プルームSは同じくJTの製品であるプルームテックプラスのように箱からして独特な形をしています。

プルームSの箱

プルームSの箱

プルームS本体の箱は丸みを帯びた楕円形な箱、やはり加熱式電子タバコでは後発になるので見た目からして他とは違うぞ感を出しているのでしょうか。

2019年2月現在において発売されているタバコスティックはメビウスブランドで全3種類となっています。

プルームSの箱全面

プルームSの箱背面

プルームシリーズを発売するJTへのイメージでお洒落感はこれまで感じたことがありませんでした。ところがプルームSは箱だけ見れば加熱式電子タバコとは思えないデザイン、長方形の箱である旧プルームテックとは大違いのデザイン力だと思います。

プルームSを開封した状態

プルームSを開封した状態

プルームSを開封するといきなり本体がお目見え、傷がつかないようにビニールで丁寧に梱包されています...でも付属品は?スターターキットじゃないの?と思っても大丈夫、二重底になっており下段に付属品がジャストサイズで梱包されていました。

プルームSスターターキットの全て

大丈夫、分かっています。

気になるのは細長く黒い棒ですよね、私も何だかさっぱり不明、プルームSのボールペンか何か?と勘違いを...これはプルームS専用のクリーニングブラシでした。

それではプルームSスターターキットの内容物をぶちまけてみましょう。

プルームSスターターキットの内容物

プルームSスターターキットの内容物
  • プルームS本体
  • ACアダプター
  • USBケーブル
  • クリーニングブラシ
  • ユーザーガイド
  • 保証書

プルームSスターターキットの内容物は少なめ...といったところ。喫煙するにあたっては別売りのプルームS専用タバコスティックが必要になるので本体購入と同時にお忘れなく!

プルームテックプラスと通常のプルームテックについて気になる方はこちらのレビュー記事をどうぞ。

www.weblogian.com

www.weblogian.com

www.weblogian.com

プルームSの詳細

プルームS本体ブラックカラーの画像

プルームS本体

プルームSは丸みを帯びたデザイン、手になじみ持ちやすい形ですが底も丸みがあるので本体を立たせることが出来ません(立たせる必要もない...)

ボディはラバーコティングされており触り心地は良い感じ。

プルームS本体裏面

プルームS本体裏面

プルームS本体を初めて見る、触った方は上部が取れたり背面が開いたりと分解可能なのでは?と思うかもしれません。

しかしプルーム本体の切れ込みはあくまでデザイン、ガンプラ制作でいうところのディテールアップのようなもの。

そしてプルームS本体はユーザーが分解する事は出来ません。

プルームSとマルボロ大きさ比の画像

プルームSとマルボロ大きさ比

プルームSの大きさは紙巻タバコマルボロソフトケースと変わりない大きさ、太さもマルボロと大して変わりません。

ではプルームSのライバルであるアイコス・グローと大きさを比べるとどうか?

あまり変わりのない大きさでした。

プルームS、アイコス、グローの大きさ比画像

プルームS、アイコス、グローの大きさ比

プルームSはアイコス・グローのようにポケットに入れて持ち歩くような形状と大きさといったところ。またプルームSは重さが95.1gと軽量なのも良い部分です。

プルームSの主な仕様

  • バッテリータイプ リチウムイオンバッテリー
  • バッテリー容量 1.020mAh
  • 充電時間約90分
  • 定格電圧5V
  • 定格電流1.5A
  • 入力端子 USB(マイクロB)
  • 寸法 約56.3mm×約93.2mm×約245mm(幅/高さ/奥行き)
  • 質量約95.1g

加熱式電子タバコを使うにあたって気になるのがACアダプターの内容、こちらです。

プルームSのACアダプター

プルームSのACアダプター

プルームSのACアダプター出力は5V 1.5Aです。この手の加熱式電子タバコを日常的に使用するにあたって結構重要なことなのでしっかりと覚えておきましょう。

プルームSを充電する場合は本体底にあるUSB口にケーブルを挿してACアダプターに繋いでからコンセントへ。

ACアダプターに「ploom」の文字が入っているのがにくい演出ですね、このようなさりげない演出がユーザー満足度を高めるのです。

JTさん....あなたプルームSの箱といいデザインといい中々やりますね! 

プルームSの使い方

プルームSはアイコス・グローと同じようにタバコスティックを本体に挿して喫煙する方式の加熱式電子タバコ、初めて加熱式電子タバコに触れる人でも使い方が簡単に想像できるはずです。

ということでプルームSの喫煙方法は超簡単、用意するものはプルームS専用タバコスティックと充電された本体のみ。

プルームSのタバコスティック全種類

プルームSのタバコスティック全種類

こちらが2019年2月時点で発売されているプルームS専用タバコスティック全3種類、開封すると中に長さ約55mmのタバコスティックが20本入っています。

基本的にはタバコスティック一本一回の加熱で3分30秒、または14回前後のパフ(吸い)が可能。

という事は通常の紙巻タバコやアイコス・グローのように一日一箱...のように思えるところ、しかしプルームSはメンソール系のタバコスティックならば一度使用済みのタバコスティックをもう一度挿して喫煙できてしまうといった喫煙者に嬉しすぎる裏ワザがあります(これについては詳しく後述)

それではプルームSの喫煙方法を超簡単に解説、まずはプルームS本体上部のスライドカバーを開けてタバコスティックが差し込める状態にします。

プルームSスライドカバー閉まる
プルームSスライドカバー開ける
プルームSスライドカバー開閉

スライドカバーを開けるとLEDが青色に点灯

あとはタバコスティックを差し込むだけ

プルームSにタバコスティックを差し込む
プルームSにタバコスティックを差し込む
プルームSにタバコスティックを差し込む

タバコスティックはぐいぐいと奥までねじ込む必要はありません。

アイコスの場合はヒートスティックをグイっと押し込むとキック感が強くなるとされるアイコーストといった技がありますがプルームSはそんなの関係なし。

プルームS本体にタバコスティックを差し込んだら本体のボタンを長押し(2秒以上)で加熱開始!

プルームS本体ボタン長押しで過熱開始

プルームS本体ボタン長押しで過熱開始

約40秒で加熱完了、その間に4つのLEDランプが段階的に白く光ります。

プルームS加熱中の画像

プルームS加熱中

LEDが全部点灯すると加熱終了、本体内蔵のバイブが振動は「吸っても大丈夫ですよ~!」のサイン、あとは喫煙を楽しむだけの超簡単設計です。

プルームSのキック感、臭い

プルームSはタバコの臭いが少なめ...とはいってもやはり臭いはします。しかしアイコスやグローに比べれば全然少ないレベル。

その臭いとは甘いポップコーンのような臭いなので初めてプルームSの臭いを嗅いだ人は結構いい匂い?なんて思うかもしれません。少なくともアイコスの臭いよりはるかにマシです。

では肝心のキック感についてですが結論から言うとメンソールのタバコスティックのキック感は強烈の一言。

ガツンとしたキックが喉を刺激するので満足度は高め。

しかしレ青色パッケージのレギュラーはキック感はそこそこあるもののキック感を得られる回数が少なすぎる...といった難点があります。

プルームSタバコスティック吸い殻

プルームSタバコスティック吸い殻

こちらがプルームSのタバコスティックの吸い殻、何だかもう一回吸えそうな雰囲気じゃありませんか?

...ってそう、吸えるのです。

ただし2回目もキック感を味わって吸えるのはメンソールとメンソール・クールエフェクトのみ、レギュラーはちょっと厳しいものがあります。

プルームSのタバコスティック使用済と未使用

左が未使用、右が一回使用済のプルームS専用タバコスティックです。

並べて比較すると一回使用のたばこスティックの方が何となくの使用感があるものの、比べなければ分からないでしょう。

それで一回使用したタバコスティックをもう一度使う、二度吸い(しけもく吸い)が可能なのがプルームS

これは同じく加熱式電子タバコで外から加熱する方式のグローのネオスティックでは不可能、加熱ブレードに挿して中から加熱する方式のアイコスは十字挿しといった方法で何とか2回目も吸えます(十字挿しはかなりまずい)

しかしアイコスは互換品が多く発売されており、アイスモークといった互換品であれば使用済みのヒートスティック二度吸いは可能どころか3回目もいけちゃったりします。

tabakoon.hatenablog.com

それではプルームSのタバコスティック全種類を吸い比べ、二度吸いのキック感も含めて徹底的にレビューしましょう、これはコスパが良いですよ~!

プルームSタバコスティック全種類吸い比べ

f:id:gundamoon:20190211141539j:plain

2019年2月現在においてプルームSのタバコスティックは全部で3種類、

  • レギュラーテイスト
  • メンソール
  • メンソール・クールエフェクト

全てJTのブランド「メビウス」の銘柄で発売されています。

ploom公式ショップ楽天市場店

MENTHOL(メンソール)

プルームS専用タバコスティックMENTHOL

プルームS専用タバコスティックMENTHOL

プルームSのタバコスティックの中で最もキック感が強いと感じられるのがメンソール、またメンソールの香りも強烈なものがありましてガツンとタバコを吸いたい時に満足できるプルームSの銘柄です。

新品のタバコスティック一度目のキック感や喫味は1パフ目(1吸い目)から13パフ目まで全て満足のゆくキック感とメンソールの喫味を感じられます。

次に二度目...一度使用したタバコスティックの再利用、しけもく吸いのようなもの。

一度使用したタバコスティックを抜いて電源のスライドを開閉してから差し込みましょう。

二度目は1パフ目~3パフ目まではキック感もメンソールの喫味があり、4パフ目~7パフ目ぐらいがキック感が弱まるもののメンソールは十分に感じられます。

8パフ目以降になるとキック感が無くなりメンソールの喫味も弱くなる。

つまりプルームS専用タバコスティックのメンソールは2度使用前提で考えると一本で20回前後のキック感を得られるコスパの良い加熱式電子タバコといった結論になります。

通常のライターで火をつけて喫煙する紙巻タバコの場合は一本につき吸える回数は6~10回前後、リアルに言えば実質7回が妥当と考えればプルームSのコスパの良さがお分かり頂けるはず。

因みに「しけもく吸い」や「二度吸い」のような言葉を使っていますが、同じく加熱式電子タバコであるヴェポライザーの世界においてこのような二度吸いは常識的な話。

そして「二度吸い」ではなく「2セット」といった言葉が存在します。

www.weblogian.com

MENTHOL COOL EFFECT(メンソール・クールエフェクト)

プルームS専用タバコスティックMENTHOL COOL EFFECT(メンソール・クールエフェクト)の画像

プルームS専用タバコスティックMENTHOL COOL EFFECT(メンソール・クールエフェクト)

メンソールに少し甘みを加えた喫味のプルームS専用タバコスティックが MENTHOL COOL EFFECT(メンソール・クールエフェクト)、キック感はメンソールい比べて若干劣るものの十分に満足できるキック感と喫味です。

個人的にはこれが一番好きなタバコスティック、プルームSの規定値パフ数14回(一度目)の全てにおいて最初の1パフからキック感を得られます。

では2セット目(二度目)はどうか?となると1パフ~3パフ目までは若干キック感が劣りつつも十分に味わえる、4パフ~7パフ目まではキック感が弱まりつつもメンソール感があるのでまだまだ吸える、8パフ~14パフ目はキック感ゼロ。

つまり MENTHOL COOL EFFECT(メンソール・クールエフェクト)は先に紹介したメンソール同様にタバコスティック1本を2セット前提で20パフ前後のキック感を得られる銘柄です。

REGULAR TASTE(レギュラーテイスト)

プルームS専用タバコスティックREGULAR TASTE(レギュラーテイスト)の画像

プルームS専用タバコスティックREGULAR TASTE(レギュラーテイスト)

プルームS専用タバコスティックの中で最も「普通」と思われがちなREGULAR TASTE(レギュラーテイスト)、しかしレギュラーテイストを吸いまくった結果これが最もおすすめ出来ないタバコスティックになります。

キック感はそこそこアリ、喫味は紙巻タバコのメビウスに近い味(マイセン味)そして臭いはアイコスより控え目なポップコーン臭で甘さのある臭い(嫌な臭いではない)

では何故レギュラーテイストが最もおすすめ出来ない銘柄か?となると2セット吸いを基本としてもキック感を得られるパフ回数が9回程度しかないから。

f:id:gundamoon:20190211184227j:plain

まず一回目のレギュラーテイスト喫煙ですが、メンソールの2種は初めの1パフ目からキック感がしっかりと感じられるのにレギュラーテイストは3~4パフ目でやっとキック感が得られる、それまではスカスカ。
そして3、4回目のパフから10回目のパフまでが最もキック感が強い、その後はキック感無し。

では2セット目となると2パフ目でキック感を得られるもののその後はキック感ゼロのスカスカ状態...つまり2セット前提での喫煙でもキック感が得られる回数は10回前後にしかなりませんでした。

使用済みのプルームS専用タバコスティックの中身はどうなってるの?

グローと同じ外からタバコ葉を加熱する方式のプルームSのタバコスティック、吸い殻の中身が知りたくありませんか?

という事で2セット使用済のタバコスティックを分解してみました。

プルームSタバコスティック分解の画像
プルームSタバコスティック分解の画像
プルームSタバコスティック分解

アイコスのように焦げている感じはなし、タバコ葉はしっかりと固まっている状態でした。

さらに分解を進めてみましょう!

上が未使用のプルームS専用タバコスティック。

使用済みのタバコスティックを更に分解すると葉とフィルターの間に空間が存在しました。

ではフィルターはどうなってるの?ってことで更に分解作業を進める...

プルームS専用タバコスティックのフィルター分解

プルームS専用タバコスティックのフィルター分解

分解したフィルターを触ってみると柔らかい触り心地。

加熱式電子タバコはフィルターや空間を作ることで吸いこんだ際の蒸気の温度を下げて舌や唇の火傷を防ぐ効果もあります。

プルームSは加熱温度が200℃、しかしフィルター等により吸い込んだ蒸気が冷めて火傷するような事はありません。

専用クリーニングブラシが優秀

プルームS専用ブラシによるクリーニング画像

プルームS専用ブラシによるクリーニング

プルームSの専用クリーニングブラシが何故これほどまでに長いのか?

その答えはグローのようにタバコスティックからエアフローホール(空気の吸い込み口)まで貫通していて全てをクリーニング出来るような作りだからでしょう。

プルームSは貫通構造

プルームSは貫通構造

プルームSのクリーニングはグローとアイコスの良いとこ取りな作り、やはり加熱式電子タバコでは後発のJTとしては同業他社との差別化やユーザビリティをしっかりと考えて開発されている...JTさん、アナタやる!

本体LEDランプがオレンジに点灯した場合

プルームSを連続的に使用しているとモード表示LEDがオレンジ色に点滅することがあります。

プルームSのモード表示LEDがオレンジ色の画像

プルームSのモード表示LEDがオレンジ色

これはプルームS本体の温度が高温または低温になると一時的に使用できない状態のこと。

しばらく待っていると元に戻ります(30秒~1分)

タバコスティックの二度吸いを連続して行ったり三度吸いなんかをやりまくっているとこのような状態になる場合が多くありました。

タバコスティックの箱を灰皿代わりに!

プルームS専用のタバコスティックは使用済の状態でもあまり臭いがしません。

ということでタバコスティックの吸い殻を箱に入れて吸い殻入れとして活用出来る...といった技が可能!

プルームSのタバコスティックは使用前と使用済みで分かりにくいのでフィルター部分を画像のように潰して「使用済み」と目印をつけておくと管理が楽です。

このようなタバコスティックの箱を吸い殻入れとして使用する方法はグローが有名、グローのネオスティック吸い殻もあまり臭いません。

因みにアイコスのヒートスティック吸い殻はかなり臭いのでこのような方法で吸い殻入れにしてしまうと未使用のヒートスティックが臭くなるだけではなく焦げたタバコ葉が箱の中に散乱して全然快適ではない。

JTのプルームSはまさにアイコスとグローの良いとこ取りな加熱式電子タバコと言えます。

プルームSはこんな人におすすめ 

プルームS画像

加熱式電子タバコで先行するアイコス・グローに大きく後れをとったJT、それでもプルームテックで何とかシェア争いに食い込んでいく姿勢を見せてはいましたが2019年1月に発売された「プルームS」「プルームテックプラス」により大きくシェアを伸ばすのではなかと思っています。

その理由はアイコスとグローの良いとこ取りな加熱式電子タバコに加えて公式には発表していないもののヴェポライザーの世界では当たり前の2度吸い(2セット目)を完全に意識しているとしか思えない加熱式電子タバコだから。

この加熱式電子タバコの2セット目が可能が意味するところはタバコ代の節約に他ならず、2018年10月に行われたタバコ増税の影響をも考えてのプルームS専用タバコスティックではないか?と考えています。

という事でプルームSはタバコ代の節約を考える人、でもヴェポライザーのような加熱式電子タバコはちょっと不安、やっぱり日本の大企業JTの製品なら...といった方におすすめの加熱式電子タバコだと考えています。

最後まで読んで頂き、本当にありがとうございました。

www.weblogian.com

www.weblogian.com

www.weblogian.com

ploom公式ショップ楽天市場店

新型プルームテック 【ploom S】 プルームS 200℃ HIGHT HEAT 高温加熱型 プルーム・エス・スターターキット プルームテックS プルーム エス

 

プルームテック プルームS プルームエス シール Ploom S スキンシール プルームSシール プルームエスシール プルームテック ケース スキンシール カバー 本体 Ploom Tech Plus シール plooms ploomsシール ploomtechシール 電子タバコ ステッカー 木目 pt07-001